• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

  • PS5用カバーのカラーバリエーション「スターライト ブルー」「ギャラクティック パープル」「ノヴァ ピンク」が2022年6月17日に発売決定

  • 「このすば」のめぐみんが“ビリビリ爆裂娘”に!RPG『このファン』で「とある科学の超電磁砲T」とのコラボ企画が開催

  • 『FFオリジン』が1週間限定で25%オフセール!セーブデータを引き継げる体験版も配信中

  • ゲームアプリ『五等分の花嫁』にて新イベント「五つ子ちゃんのVRゲームは、今だけ三玖のために ~私とデート、してほしいの~」が5月20日より開催!

  • GPU内蔵CPUでフルHDで30fpsを維持! 『Winning Post 9 2022』をAMD「Ryzen 7 5700G」で遊んでみた

  • 『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』キャラクター紹介映像「王国編」が公開!

  • 6v6から5v5になり立ち回りが変わった!新要素満載の『オーバーウォッチ2』第1回PvPベータプレイレポ

  • ヒロイン・モモを追う者たちの目的は?Switch/PS4『ANONYMOUS;CODE』の3人の新キャラクターを公開

  • PS5やSwitchで高品質・簡単に配信したいならキャプチャーデバイス「Elgato HD60 X」がイチオシ!

  • PC『SDガンダムオペレーションズ』に新ユニット「★5-13 ウイングガンダムゼロ(EW)」&「★5-13 ガンダムエピオン(EW)」が登場!

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022May

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

大作になるはずが、あてが外れてショップは困惑?

2007年10月05日 21時50分更新

文● 伊藤 真広

今週の注目は「ガンダムバトルクロニクル」

 ここ3週間ほど「クライシスコア」「新型PSP」「HALO3」「東京ゲームショウ」とゲーム業界は盛り上がっていたのだが、それも先週までの話。今週はどの店舗も大苦戦。そんななかでも善戦していたのが、バンダイナムコゲームスの2タイトルだ。
 夕方まで秋葉原のショップを回り、スタッフから話しを聞いた感じではPSP用「ガンダムバトルクロニクル」の動きがどのショップでも好調だったようで、中には売り切れのショップも。とはいえ、元の入荷数はどの店舗も決して多くないというのが実情だ。
 ついで売れ行きが良かったのが、世界的なヒットコミックスから「ドラゴンボールZ Sparking! METEOR」。こちらは、WiiとPS2の2つのハードで同時に発売されており、どうやらPS2版のほうが調子よく動いていたようだ。
 また、あるショップでは、外国人が購入していくといった、世界のDBの名に恥じない売れ方をしていたようだ。アソビットゲームシティでは、2本セットで買っていく人も多いといった声も聞かれた。

 

アソビットのポップにもあるように「ガンダムバトルクロニクル」には、かなりレアなMSも登場するようだ

Wii版では「ネット対戦」が行なえるが、PS2版ではネット対戦は行えないという。両方ハードを持っている人は、間違いなくWii版を購入したほうがお徳なのだが……

 「ドラゴンボールZ Sparking! METEOR」と同じく、Wii版とPS2版が同時発売になった「実況パワフルメジャーリーグ2」。コナミの看板ゲームの1つパワプロシリーズの新作なので、初日から爆発的に売れるといったことはどのショップでも期待しておらず、初日も18時のサラリーマンの仕事終わりから動き始め、その後は10月中旬までと長いスパンで在庫がなくなればよいと考えているショップが多いように見受けられた。
 そういった状況もあってか、大きな販促活動は行われず、店頭などで映像が流れてるといったこともなかったようだ。とはいえ、店内の比較的目の付くところに商品が置かれているので、ほしいと思った人が迷うことなく購入できる配置になっていた。

こちらは流石にWii版が売れているとのこと。コントローラーを振り回して実際に野球をやっている感覚になれるという、Wiiの機能を最大限に活かされているタイトルではないだろうか?

(次ページへ続く)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう