このページの本文へ

ドコモが純増へ転じる

TCA、2007年9月の携帯電話契約数を発表

2007年10月05日 18時54分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (社)電気通信事業者協会(TCA)は5日、2007年9月末の携帯電話機・PHSの契約数を発表した。ソフトバンクモバイル(株)が5ヵ月連続で純増1位となり、KDDI(株)グループが2位。(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモグループも全国で純増へ転じた。

 純増契約数をみると、1位のソフトバンクモバイルが19万8300件増1705万2500件。auが19万6700件増2874万4000件、ツーカーは3万8700件減47万3100件でauとツーカーを合わせたKDDIグループ全体では15万8000件増となった。純増に転じたNTTドコモグループは3万7500件増5294万1700件

 一方で、携帯電話ユーザーのほとんどが加入する、iモードなどのインターネット接続サービスでは、KDDIのEZwebが14万600件の純増で1位。ソフトバンクのYahoo!ケータイは12万1900件の純増にとどまっている。3位のNTTドコモのiモードは2万4100件増

 システム別にみると、ソフトバンクはW-CDMA方式が50万6300件増1091万6500件。auの3G方式であるCDMA2000 1X(CDMA 1XおよびCDMA 1X WIN)は21万3200件増2824万700件、NTTドコモグループのW-CDMA(FOMA)は69万9600件増加し、4000万件の大台を越えた4004万2600件となった。

 PHSについては前月に純減となった(株)ウィルコムグループが300件増とわずかながら純増に転じた。サービス終了が決まっているNTTドコモグループは2万100件減31万300件で、PHS全体で1万9800件の減少となり、合計で495万5800件となった。

携帯電話の事業者別契約数(2007年9月末)

全事業者合計
9933万3600件(45万5900件増)
NTTドコモグループ
5294万1700件(3万7500件増)
auグループ
2874万4000件(19万6700件増)
ツーカー
47万3100件(3万8700件減)
KDDIグループ合計
2921万7100件(15万8000件増)
ソフトバンクモバイル
1705万2500件(19万8300件増)
イー・モバイル
12万2300件(6万2100件増、2007年6月末との比較で)

システム別

W-CDMA/NTTドコモグループ
4004万2600件(69万9600件増)
W-CDMA/ソフトバンクモバイル
1091万6500件(50万6300件増)
CDMA2000 1X/au
2824万700件(21万3200件増)


PDC合計
1950万8200件(100万8900件減)
PDC/NTTドコモグループ
1289万9100件(66万2100件減)
PDC/ソフトバンクモバイル
613万6000件(30万8000件増)
PDC/ツーカーグループ
47万3100件(3万8700件減)
cdmaOne
50万3300件(1万6500件減)

PHSの事業者別契約数(2007年9月末)

全事業者合計
495万5800件(1万9800件減)
ウィルコムグループ
464万5500件(300件増)
NTTドコモグループ
31万300件(2万100件減)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン