このページの本文へ

基板が小さくなったDDR4版「Radeon HD 2600 XT」カードがSapphireから

2007年10月03日 22時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Radeon HD 2600 XT」を搭載し、メモリにDDR4 256MBを採用するSapphire製のPCI-Express x16対応ビデオカードが発売となった。同社オリジナルと見られる基板を採用する製品だ。

DDR3版と同程度の基板を採用したもので、サイズはかなり小さくなった印象のSapphire製「Radeon HD 2600 XT」搭載カード

 メモリDDR4版の「Radeon HD 2600 XT」搭載カードといえば、ミドルレンジクラスの製品としては1スロット仕様ながら比較的大きめな基板を採用するリファレンスデザインの製品だった。今回登場した製品はDDR3版と同程度の基板を採用したもので、サイズはかなり小さくなった印象だ。
 ブラケット部の構成はDual Link対応のDVI×2にHDTV-OUT。付属品としてDVI-VGA変換アダプタ×2やDVI-HDMI変換アダプタ、Native CrossFire用のブリッジコネクタなどが同梱される。価格はアークで2万1980円、ツクモパソコン本店IIで2万2480円となっている。

付属品としてDVI-VGA変換アダプタ×2やDVI-HDMI変換アダプタ、Native CrossFire用のブリッジコネクタなどが同梱

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中