このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

【Adobe MAX 2007 Vol.0】Flashが3Dに? AIRにDRM? 開幕直前大胆予測

2007年10月01日 22時43分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ミシガン湖のほとりにある歴史と大学の街、シカゴ。全米でも最大規模のコンベンションセンターである、シカゴのMcCormick Place West(マコーミックプレイス西館)にて、9月30日(現地時間)から米アドビ システムズ(Adobe Systems)社主催のFlash関連クリエイター/開発者向けイベント「Adobe MAX 2007」が開幕する。会期は今月3日までの4日間で、初日の30日は動作検証テストなどのイベントが行なわれたほか、到着した開発者を迎えるウェルカムレセプションが行なわれた。実質的な初日は10月1日の基調講演(ジェネラルセッション)からとなる。

シカゴの街並み。シカゴという都市は、一度大火に見舞われて多くの施設を焼失している。その後、計画的な都市開発を行ない、現在のニューヨーク摩天楼も手本にしたという高層建築が1960~1970年代に次々と建設された

シカゴの街並み。シカゴという都市は、一度大火に見舞われて多くの施設を焼失している。その後、計画的な都市開発を行ない、現在のニューヨーク摩天楼も手本にしたという高層建築が1960~1970年代に次々と建設された

 このイベントは今年は日本でも「Adobe MAX Japan 2007」として11月1日、2日にお台場・ホテル日航東京で開催される。ここでは、その“MAX Japan前夜祭”として9月26日に渋谷で行なわれた「Adobe MAX Preview Night@AIR」から、本家Adobe MAX 2007で披露されるであろう内容を予測してお伝えする。

会場のMcCormick Place WESTの様子

会場のMcCormick Place WESTの様子

参加者が宿泊する複数のホテルと会場は、専用シャトルバスが往復している。車体の側面にAdobe MAXが大きくラッピングされ、宣伝効果は高そうだ

参加者が宿泊する複数のホテルと会場は、専用シャトルバスが往復している。車体の側面にAdobe MAXが大きくラッピングされ、宣伝効果は高そうだ

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン