このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ADJ.ボタンをジョイスティックにしてインターフェースを改良

【レビュー】広角28mmからの7.1倍コンパクト機 リコー「Caplio R7」

2007年10月01日 15時00分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

安定した広角画質が魅力


撮影サンプル1 やはりCaplioシリーズは広角を気持ちよく撮れるのが最大の魅力。周辺画像の劣化も少ない。拡大すると低感度でもややざらついた印象なのはあいかわらずだ。プログラムオート、1/380秒、F3.3、ISO 100。元画像は3264×2448ドットで、掲載用800×600ドットにリサイズおよびトリミングしているもののそのほかの補正はかけていない

 Rシリーズは普及モデルだけに薄型スタイリッシュボディーを実現しており、胸ポケットに入れてもそれほど圧迫感のない厚み20mmクラスでかなり軽快だ。電源ON時のレンズ伸張をはじめ、AFなど動作にはややもったりした印象はあるものの、ズーム速度を高速にするなど細かく改善されているのは好印象だ。

撮影サンプル2 特にシャープネス処理がきついというわけではないが、ピントが合った部分のシャープさは良好。プログラムオート、1/153秒、F3.8、ISO 64

 撮影画像はCaplioシリーズならではの安定した絵作りで、普及機ながら広角時の周辺部にもそれほど画質低下が見られず、かなりしっかりした描写となっている。新画像処理エンジンのおかげで発色も良くなったようだが、特にコントラストの高いシーンで暗部が沈みがちなのは相変わらずだ。鮮やかさを強調する他社のデジタルカメラ製品と比べるとやや地味な印象を受けるが、色味そのものは彩度やシャープネス・コントラスト強調による不自然さは少ない。ノイズ低減も図られているが、やはり感度を上げるとノイズによって画像がざらついてくる。とはいえ、ノイズを平滑化させるノイズ低減処理のかかった写真ように平板な印象とはならないので、こちらを好む向きもいるだろう。

撮影サンプル3 ISO 400程度でざらついた印象となるが、光学式手ぶれ補正もあって広角域ならば手持ちでもかなりぶれを抑えた撮影が可能。プログラムオート、1/8秒、F3.3、ISO 400

 広角レンズにこだわった同社Caplioシリーズだけに、コンパクトなボディーながらしっかりした絵作りで、光学式手ぶれ補正も装備するため持ち歩いての街中のスナップ撮影に使うには十分すぎるほどのパフォーマンスを有する。

 同社製品は「GXシリーズ」やGR DIGITALのような高品位コンパクト機で定評があるが、普及機ではいまひとつスタイリッシュコンパクトという印象を広めきれていない感がある。もちろんRシリーズは、薄型スリムボディーや光学式手ぶれ補正、従来機から搭載された顔認識機能など、最新のコンパクトデジタルカメラの流行を積極的に取り入れており、本機(R7)では新たに光沢ブラックオレンジのボディーカラーバリエーションモデルも用意されている。

撮影サンプル4 新画像処理エンジンによるものか低露出時の発色をはじめとして色味は自然に鮮やかになったもの、明暗の差が大きなシーンではコントラストがさらに高くなって白とびしやすい印象を受けた。プログラムオート、1/440秒、F3.3、ISO 64

 ただ、使ってみてやや気になった点は、全体的にもったりした印象がある動作と、何よりレンズの沈胴やズーム、AFの動作音が相変わらず大きめな点だろう。広角から望遠までこなすコンパクトサイズのズームレンズの中ではかなり画質のいいレンズではあるが、起動やズームの際の動作音が他社のコンパクト機よりも大きく感じられ、特にカラーバリエーションモデルのようなカジュアルな雰囲気には似合わない。

 同社ラインナップは硬派なGXシリーズと普及機のRシリーズがあるのだが、GX100の登場によってハイエンド方面に大きくアピールしたGXシリーズに対し、R7ではカラーバリエーションを用意するなど普及機としての印象を強めている。普及機という位置づけのためか、マニュアル露出などを備えていないのは残念だが、R7は広角から望遠まで1台でこなすなど、上級者のサブカメラにもふさわしい製品と言えるだろう。



Caplio R7の主なスペック
製品名 Caplio R7
撮像素子 1/2.5インチ有効815万(総829万)画素CCD
レンズ 光学7.1倍ズーム、f=4.6~33mm(35mmフィルムカメラ換算時:28~200mm)、F3.3~5.2
静止画撮影 最大3264×2448ドット
ISO感度 AUTO、AUTO-HI、ISO 64/100/200/400/800/1600
動画撮影 640×480ドット、30fps、MotionJPEG圧縮AVI形式
液晶ディスプレー 2.7インチTFT、約23万画素
記録メディア 内蔵フラッシュメモリー24MB&SDメモリーカード(SDHC対応)/MMC
インターフェース USB 2.0(Hi-Speed対応)、AV出力、DC入力
電源 専用リチウムイオン充電池(DB-70)
撮影可能枚数 約300枚(液晶ディスプレー表示オン、CIPA測定法準拠)
本体サイズ 幅99.6×奥行き23.3(最薄部20.6)×高さ55.0mm
重さ 約135g(本体のみ)/161g(撮影時重量)

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン