このページの本文へ

エス・エス・ジェイ、SuperStream専用のシステム連携ツールを販売開始

2007年09月28日 19時13分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エス・エス・ジェイは、統合業務パッケージ「SuperStream」専用のシステム連携ツール「superstream-connect」の販売を開始した。


他システムと会計システムとの直接連携により内部統制を支援


 「superstream-connect」は、企業内の他のシステムで発生・作成したデータとSuperStreamで管理されている会計データとの直接連携を実現する製品。分析ツールとの連携や、複数システムのデータ取り込み、企業の用途に合わせた帳票でのアウトプット、データ統合などが可能である。エス・エス・ジェイでは、企業内の他システムとSuperStreamを直接的に連携・連動させることで、会計データの正確性を保ち、内部統制上のリスク要因を減らすことが可能となるとしている。

 superstream-connectの主な特徴は次のとおり。

  • SuperStreamから会計データやマスタデータを取り出し可能
  • 様々なシステム、データをサポート
  • 豊富な変換ロジックのサポートにより柔軟なデータフォーマットの変換を実現
  • 自動処理のための各種機能を装備

 販売価格は、サーバー1CPUにつき200万円から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ