このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Halo 3を遊びつくす第2回

リプレイのアップロード・ダウンロードもできる

【Halo 3】自分の戦闘データが見られるポータルサイト「Bungie.net」

2007年09月28日 20時56分更新

文● 編集部 飯塚岳史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今月27日に日本国内でも販売が開始されたFPS(一人称シューティング)ゲーム「Halo 3」。北米では日本に先駆けて25日午前0時(現地時間)に販売開始されたが、量販店には数百人にもおよぶ行列ができるなど、お祭り騒ぎになっている状況だ。

Halo3
「Halo 3」 (C)2007 Microsoft Corporation. Microsoft, Bungie, the Bungie logo, Halo, the Halo logo, the Microsoft Game Studios logo, Xbox, Xbox 360, Xbox LIVE, and the Xbox logos are trademarks of the Microsoft group of companies.

 すでにHalo 3をプレイして、寝不足が続いている読者も多いと思われるが、肝心のゲーム内容については、後ほど“Halo大好きっ子”であるライター加藤氏によるレビューにてお伝えするとして、ここではゲーム単体だけではない、Halo 3を盛り上げるネット連携機能について紹介する。

自分がプレイした軌跡や対戦データが閲覧できる
「Bungie.net」


 レースゲーム「Forza」(フォルツァ)シリーズでの「Forzamotorsport.net」や、「PGR」(プロジェクト ゴッサム レーシング)シリーズでの「PGR.net」のように、Halo 3にもインターネット上の専用サイトと連携したサービスを備える。それがこの「Bungie.net」(バンジー・ドット・ネット)(http://www.bungie.net/)だ。

Bungie.net
ポータルサイト「Bungie.net」

 Bungie.netでは、ほかのネット連携サービスと同様に、Xbox 360で利用している「ゲーマータグ」をサイトに「登録」することで、自分が「キャンペーンモード」(ストーリーモード)でプレイした軌跡や、「オンライン対戦」の結果などをウェブブラウザーで閲覧することができる。

 そのほか、オンラインでHalo 3を現在プレイしている人数や、過去24時間にオンライン接続したユニークユーザーの数、全世界のユーザーがキャンペーンモードで倒した敵の数なども見ることができる。ただ、サイトが英語版のみなのが残念。ぜひとも日本語化を望む!

MAP
「Bungie Online」メニュー内では、世界のどの地域で今オンラインになっているかが「白い光」でわかる。やはり北米(それも西・東海岸)は強い! 日本もおぼろげながら白く光っている

 ちなみに28日16時現在で、Halo 3をオンラインで接続しているプレイヤーは1374人(サイトのカウンターが壊れているらしく、ゲーム内では10万6202人がオンラインとなっていた)、過去24時間でオンラインに接続したユニークユーザーの数は144万6334人、キャンペーンモードで倒した敵の数は8億8164万6995体となっている。

 自分のオンライン対戦データを閲覧するには、サイト上部に表示されたメニューから「My Stats→My Halo3 Service Record」と選択し、サイト中部に表示された項目から「Game History」を選択すれば閲覧できる。

マイステータス 自分のプロフィールが確認できる。オンラインでは、マスターチーフかエリートかどちらかを選択し、ヘルメットや色をカスタマイズできるのだが、その変化もきっちりと表示される

 閲覧できる項目は、「対戦結果」、「倒した/倒された数など」、「どんな方法で倒したか」、「生き残りの平均時間など」、「倒した/倒された場所の全体図」など多岐に渡り、見ているだけでも非常に楽しいし、勉強になる。

Results Carnage
「Results」では、全体的な対戦結果がわかる。ブルーチームの3位が筆者で、倒した敵の数は12人。1位から4位までの差が1人ずつということでバランスの取れた構成だったみたい「Carnage」では、敵を倒した数、自分がやられた回数、自爆した回数、味方を倒してしまった回数などがわかる。味方への誤射もごまかせない!
Breakdown Field Stats
「Breakdown」では、どんな方法で敵を倒したかがわかる。筆者は武器が4回、打撃が4回、乗り物によるアタックが3回と、わりと色んな方法で倒していた「Field Stats」では、生き残っていた平均時間、誰を多く倒して、誰に多く倒されたか、などを確認できる。
Game Viewer 「Game Viewer」では、対戦エリアのどこで倒した/倒されたかがわかる。画像のズームができないので、きっちりと確認できないのは残念

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン