このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

週末見るコンテンツはコレ★ 第9回

【週末見るコンテンツはコレ★】

これを見ずしてアメコミ・マニアは語れない!! 「300<スリーハンドレッド>」など必見の3作品

2007年09月28日 23時53分更新

文● 大石太郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

二人の女の子のダメ生活を見て、我が青春時代を思い出す
「ゴーストワールド」

ゴーストワールドのジャケット

ゴーストワールドのジャケット。(c)2001 United Artists Films, Inc. All Rights Reserved.

DVD
価格 2500円
発売日 2007年3月2日(発売中)

http://www.digital-voice.net/detail.shtml?id=463
発売元 アスミック

 前ページで紹介した「クラム」を監督したテリー・ツワイゴフの名を一躍有名にしたのが、このゴーストワールド

 主人公はロバート・クラムと同様に現実世界と折り合いをつけられない2人の少女

 高校を卒業したものの、何をしていいのかわからない。進路も決めず、とりあえず毎日を楽しく過ごすことだけを目標に暮らしている

 何もできないくせに「何でもできる」と思い込んでいる、思春期特有の万能感に支配された2人の言動は、自意識過剰で、生意気で、ちょっとムカついてしまうけど、なんだかいとおしい。少女がすこしずつ大人になっていく姿を瑞々しく描いた、青春ムービーの隠れた傑作だ。

主人公の少女2人

主人公の少女2人。(c)2001 United Artists Films, Inc. All Rights Reserved.

 原作はオルタナティブ・コミックの旗手、ダニエル・クロウズによる同名のコミック。劇中にはスティーブ・ブシェミふんする、ブルースレコード・コレクターも登場し、ロバート・クラム(クラムはSP盤のコレクターとして有名)をほうふつとさせる。

 自分の青春時代を思い出してこそばゆい気持ちになってしまうが、あの頃のトキメキもいっしょに思い出して、ちょっとだけ元気がもらえる胸キュン映画。三丁目のナントカよりもリアルに心に染みるし、泣ける。派手さはないが、折に触れ何度でも観たくなる作品。ぜひともコレクションに加えてほしい。

 ちなみに、テリー・ツワイゴフはダニエル・クロウズの短編を原作にした「アートスクール・コンフィデンシャル」という作品も発表している。残念ながら日本では劇場公開されなかったが、こちらもアウトサイダーの視点から現実世界のゆがみをコミカルに描いた名作、必見!

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中