このページの本文へ

ソニー、ワンセグチューナーを搭載した「ウォークマン NW-A910」シリーズを発売

2007年09月27日 15時00分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニー(株)とソニーマーケティング(株)は27日、2.4インチQVGA液晶ディスプレーとワンセグチューナーを搭載した携帯メディアプレーヤー「ウォークマン NW-A910」シリーズを11月17日に発売すると発表した。内蔵フラッシュメモリーが4GBの「NW-A916」、8GBの「NW-A918」、16GBの「NW-A919」の3機種をラインナップし、価格はいずれもオープンプライス。予想実売価格は順に3万円前後、3万5000円前後、4万5000円前後。本体カラーはブラックとシルバーをラインナップする。

初出時、予想実売価格に誤りがありました。お詫びするとともに訂正いたします。(2007年9月27日15時30分)

ウォークマン NW-A910シリーズのブラックモデル シルバーモデル
ウォークマン NW-A910シリーズのブラックモデルシルバーモデル

 ウォークマン NW-A910シリーズはワンセグチューナーを搭載し、ワンセグ放送の視聴・録画が行なえるのが特徴。予約録画やEPGにも対応する。内蔵メモリーにはNW-A919で最長100時間、NW-A918で最長50時間、NW-A916で最長25時間の番組が録画できる。なお、NW-A916/NW-A918/NW-A919の違いは内蔵フラッシュメモリーの容量のみ。

 高音質化技術としては、ノイズキャンセリング機能を搭載。大口径13.5mmのドライバーユニットを採用した密閉型ヘッドホンも付属する。また、音楽再生時の高音質化技術として、圧縮音源で失われた高音域のデータを補完する技術「DSEE」(Digital Sound Enhancement Engine)、ステレオサウンドのL/Rを混在させずにヘッドホンに届ける「クリアステレオ」、低音域の歪みを抑制する「クリアベース」を搭載する。

 また、CDやMD、カセットデッキなどのデジタル/アナログオーディオ機器から直接音楽を録音できる「ダイレクトエンコーディング機能」を搭載する。録音した楽曲は付属ソフト「SonicStage CP」でパソコンに取り込み、インターネット経由で楽曲情報を取得することもできる。

 再生可能なファイル形式は、音楽がMP3、WMA、ATRAC、ATRAC Advanced Loseless、リニアPCM、AAC、HE-AAC。動画はH.264/AVC、MPEG-4。静止画がJPEG。インターフェースはUSB 2.0(Hi-Speed対応)。本体サイズは幅47.2×高さ86.0×厚さ12.3(最薄部11.3)mm、重量は約74g。電源は内蔵リチウムイオンバッテリーを搭載し、連続使用時間は音楽再生が約36時間、動画再生が約10時間、ワンセグ視聴は約6時間、ワンセグ録画では約8.5時間。対応OSはWindows Vista(Enterpriseを除く)/XP SP2(Tablet PC Edition)を除く。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン