このページの本文へ

音声読み上げ機能の不具合を解消

NTTドコモ、「らくらくホンIV」の内蔵ソフトウェアを更新

2007年09月26日 20時25分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)エヌ・ティ・ティ・ドコモとNTTドコモグループ8社は20日、富士通(株)製のFOMA携帯電話機「らくらくホンIV」(F883iES)の内蔵ソフトウェアのアップデートを発表した。音声読み上げ機能が、実際と異なった内容を読み上げる不具合を解消しているという。

らくらくホンIV 『らくらくホンIV』。左から“シルバー”“ピンク”“ネイビー”

 読み上げ機能の不具合は、メールの設定を実施する場面で発生する。メールメニュー(MENU-2)の「[8]メールを設定する」にカーソルを合わせた際、実際とは異なる音や振動に関する機能を読み上げているという。

 内蔵ソフトウェアの更新方法は、メニューから“詳細な機能・設定→ネットワークサービスを使う→その他のサービスを使う→ソフトウェアを更新する”とたどり、画面の指示に沿って更新する。

 新しい内蔵ソフトウェアは、本日から2008年9月30日までダウンロード可能。ダウンロードに伴うパケット通信料は無料となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン