このページの本文へ

ジャーナリング機能無効のまま出荷されたマシンを改善

アップル、MacBookシリーズ用のアップデーターを公開

2007年09月25日 23時06分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルジャパン(株)は24日、MacBookシリーズを対象にしたアップデーター「MacBook, MacBook Pro Software Update 1.0」を公開した。対象となるのは、CPUに「Intel Core 2 Duo」シリーズを搭載したMacBookと、クロック周波数2.2/2.4GHzのMacBook Pro 15インチモデルだ。

ジャーナリング機能をオフにしたまま出荷したマシンが一部に含まれていたため、今回のアップデーターではジャーナリング機能を有効にするという。「ソフトウェア・アップデート」もしくは、同社のウェブサイトから入手可能。

MacBook, MacBook Pro ソフトウェア・アップデート 1.0 対応マシンでは、アップルメニューから「ソフトウェア・アップデート」を実行するとアップデーターが現れる。日本語環境では「iMac ソフトウェア・アップデート 1.1」という名称だ。一覧に現れなければ、アップデーターをダウンロードして手動で組み込めばいい(対象外のモデルには組み込めない)

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中