このページの本文へ

ユーザーのDVDドライブで書き込める

KDDI、セルDVD映像配信サービス「DVD Burning」を提供開始

2007年09月25日 18時33分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDI(株)は25日、DVDメディアに直接映像コンテンツを書き込める、セルDVD映像配信サービス「DVD Burning」を27日に開始すると発表した。入会金や年会費は無料で、1コンテンツ500円からの販売を予定。オープニング記念として、ワーナーエンターテイメントジャパン(株)の映像コンテンツを特別価格で提供する「ワーナースペシャルプライスキャンペーン」を実施する。価格は1980円から。

 DVD Burningは、著作権保護技術「CPRM」が施された映像コンテンツをユーザーがダウンロードし、それをパソコンのライティング機能を有したDVDドライブで書き込んで配信データを保存して視聴できるサービス。DVD化されていない未発売の製品や廃盤・復刻版のコンテンツも販売する予定

 映像データのフォーマットDVD-VR。対応OSはWindows XP SP2。Windows Vistaは11月中旬から下旬の間に対応する予定。ウェブブラウザーはInternet Explorer 6以上のみに対応している。CPRM対応のDVD-RW/RAMに書き込めるDVDドライブとDVDライティングソフトが必要。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン