このページの本文へ

Nokiaの海外向け携帯電話機でiモードが利用可能に

2007年09月25日 18時18分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)エヌ・ティ・ティ・ドコモは25日、iモード対応機種を拡大するため、フィンランドのノキア(Nokia)社製の携帯電話機に対応したiモードアプリケーションソフトを開発し、提携オペレーターへの提供を開始したと発表した。

開発されたiモードアプリケーションソフトの画面イメージ
開発されたiモードアプリケーションソフトの画面イメージ

 このアプリケーションソフトは、Symbian OSをベースとした携帯電話機プラットフォーム「S60(3rd Edition)」に対応し、対応携帯電話機に搭載することでiモードのメールウェブブラウズのほか、iアプリが利用可能になるソフトウェア。今後はiチャネルへの対応も進めるという。

 iモードの利用が可能なノキア製端末のうち、「Nokia 6120 classic」「Nokia N73 Music Edition」「Nokia E65」については、ブルガリアのGLOBUL社が販売開始を発表している。

 同社では今後、このアプリケーションソフトウェアの提供により、海外でiモード対応端末のラインナップが拡大されることが期待される、としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン