このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

時事ニュースを読み解く “津田大介に聞け!!”第4回

ニコニコ市場は、ネットの新しい「投げ銭」だ

2007年09月27日 00時00分更新

文● 編集部、語り●津田大介(ITジャーナリスト)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
津田さん
津田大介氏

 ニワンゴは19日、ソーシャルブックマークサービス「ニコニコブックマーク」のβ版をスタートさせた(関連記事)。ニワンゴといえば、今、日本のインターネットで注目されている動画共有サービス「ニコニコ動画」を運営する企業だ。その新サービスにも期待が集まるところだろう。

 そんなニコニコブックマークには、どんな可能性が秘められているだろうか? インターネットサービスに詳しいITジャーナリスト・津田大介氏に聞いた。


【解説】「ニコニコブックマーク」と「ニコニコ動画」


ニコニコブックマーク
ニコニコブックマーク

 ニコニコブックマークは、コメントを書いた付箋を、ウェブページの好きな位置に貼り付けられるソーシャルブックマークサービス。ユーザーがウェブページをブックマークすると、そのページのキャプチャー画像がニコニコブックマーク内に登録され、その上にユーザーが付箋を貼れるようになる。


 今年の6月から「ニコニコブックマーク(仮)」として提供されていたが、19日にβ版サービスに変更された(関連記事)。


ニコニコ動画
ニコニコ動画

 ニコニコ動画は、ユーザーが投稿したムービーの上にコメントを付けられる動画共有サービス。今年6月に有料のプレミアム会員制度を用意し、RC版としてスタートした(関連記事)。


 ニコニコ動画のコメントは、動画の真上に重ねて表示されるのが特徴。これにより、ムービーのどの部分にユーザーがどのような感想を持っているかがひと目で分かる。またコメントは、単に感想を述べるだけでなく、音楽の歌詞を付けたり、アスキーアート(文字や記号によって書かれた絵)を作成したりと、多様な使われ方をしている。


 新しいムービーの楽しみ方を提案する一方で、テレビ番組や映画など、著作権者の許可を取らずにアップロードしていると思われる違法コンテンツが多数アップロードされており、これを問題視する向きもある。


(次ページに続く)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン