このページの本文へ

ドスパラ、偏光メガネ方式採用の24インチ3D液晶ディスプレーを先行販売

2007年09月21日 20時12分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)サードウェーブは21日、(株)有沢製作所とHYUNDAI IT ジャパン(株)が共同開発した偏光メガネ方式採用の24インチワイド3D液晶ディスプレー「P240W」の先行販売を20日に開始したと発表した。同社が展開するPCパーツショップ「ドスパラ」で販売される。

P240W
P240W

 P240Wは、偏光メガネ方式を採用した3D液晶ディスプレー。付属ソフト(Windows Vista/XP/2000/Me/98対応)をインストールしたうえで、付属の立体視メガネをかけてディスプレーを見ると、動画や静止画が立体的に見えるという。

 液晶サイズは24インチワイドで、解像度は1920×1200ドット(WUXGA)。コントラスト比は1000:1、輝度は200cd/m2、応答速度(中間階調)は6ms。視野角は上下左右ともに178度。出力3W×2のステレオスピーカーも搭載する。VESAマウントは100mmに対応する。

 映像入力はDVI-D、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)を各1系統装備。本体サイズは幅618×奥行き217×高さ590mm。重量は9.6kg。電源は外付けACアダプターを利用し、消費電力は最大100W。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ