このページの本文へ

USBをSCSIデバイスと認識させることも

ラトックシステム、Ultra Wide SCSI→USB 2.0コンバーターを発売

2007年09月21日 14時10分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ラトックシステム(株)は21日、Ultra Wide SCSI接続のインターフェースをUSB 2.0に変換するコンバーター「USB2.0-Ultra Wide SCSI Converter」を今月下旬に発売すると発表した。価格は3万7000円(税別)。

USB2.0-Ultra Wide SCSI Converter
USB側 SCSI側
USB側SCSI側

 コンバーターを接続してSCSI機器をUSBマスストレージとして利用するモードと、USBインターフェースをSCSIデバイスとして認識させて利用する「SCSIエミュレーションモード」を搭載しているのが特徴。そのほか、低電圧で動作する「LVD」(低電圧ディファレンシャル)「SE」(シングルエンド)の2つのモードに対応しており、LVD対応SCSIデバイスに接続した場合は自動的にLVDモードで動作するようになっている。

 本体サイズは幅65×奥行き55×高さ12mmで、重量は約80g。電源は付属のACアダプターを利用し、消費電流はLVDモード時が最大550mA、SEモード時が最大1000mA。対応OSはWindows Vista/XP/2000、Windows Server 2003、MacOS X 10.4以降。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン