このページの本文へ

コンセントに差し込むだけで家庭内LAN!

グローバル規格PLCアダプターを実際に使ってみた! HN-VA40S

2007年09月25日 10時00分更新

文● 週刊アスキー編集部 レポーター●鴻巣恭子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PLCアダプター経由でブロードバンド放送を体験!

 オフタイムの楽しみといえば、やっぱりテレビにゲーム。ブロードバンド放送やネットワーク対戦ゲームは、通信のスピードが命だ。そんな私は、ダンゼン有線LAN派! でも、一人暮らしの狭い部屋とはいえ、ルーターのあるLANの挿し口から、リビングにある『インターネットアクオス』やゲーム機までは、ちょっとした距離がある。床にずるずると這い回るケーブルのおかげで、スッキリにまとめたはずのインテリアが台無しになっているのも事実。そこでこのケーブル地獄から脱出すべく、噂のPLCアダプターを使ってみることにした。

 今回テストしたのは、シャープのPLCアダプター『HN-VA40S』。実物は、カタログのイメージで見たよりもずっと小さく、手のひらに収まる程度のコンパクトサイズ。テレビ台のわずかなスペースにも設置できる。  まずは、1ポートタイプをルーターにつなぎ、もう一方の4ポートタイプをリビングに設置し各機器に接続。ペアモデルは初期設定済みなので、コンセントに挿して、LANケーブルをつなぐだけの手間いらず。拍子抜けするほどあっさりインターネットにつながった。

HN-VA40S/シャープ/価格 オープン
HN-VA40S/シャープ/価格 オープン

 さっそく、『インターネットアクオス』でブロードバンド放送を見てみた。コマ落ちやノイズもほとんどない滑らかな表示。感覚的には有線LANだったときと変わらない。これだけ安定しているなら、ネットワーク対戦ゲームにも十分楽しめそうだ。  PLCのもうひとつのメリットは、コンセントのある場所なら家中どこでもインターネットにつながるってこと。寝室だろうがトイレだろうがお風呂場だろうが、ノートPCでゆったりとくつろぎながらネットできる。実際に風呂で使うかは別として。

コンセントとLANポートにつなぐだけのカンタン設置ですぐ使える
コンセントとLANポートにつなぐだけのカンタン設置ですぐ使える
スピードも期待以上で、高画質のブロードバンド放送も快適に楽しめる
スピードも期待以上で、高画質のブロードバンド放送も快適に楽しめる

PLCアダプターを増設して「見楽る」をPCで操作

 PLCアダプターのおかげで床のLANケーブルが姿を消し、リビングのテレビ周りは、スッキリと片付いた。しかし、部屋の片隅に目をやると、プリンターやスキャナーなどの周辺機器がゴチャゴチャと散らかっている。これらを複合機1台にまとめれば、シンプルでスタイリッシュな部屋に生まれ変わるに違いない。

 そこで目を付けたのが、シャープの『見楽る』。電話、ファクス、プリンター、スキャナー、カラーコピー、ダイレクトプリント、PCファクス、ケータイリンクが使える、1台8役のファクシミリ複合機だ。LANインターフェースを搭載し、PCとの連携機能が充実しているのも特徴だ。

受信ファクスをパソコンに保存して、ペーパーレスでファクスの管理が可能
受信ファクスをパソコンに保存して、ペーパーレスでファクスの管理が可能

 この『見楽る』は、電話回線につなぐ必要があるので、部屋のモジュラージャックに近いカウンターに設置することに。先ほどリビングに設置したPLCアダプターには、まだ空きポートが1つ余っている。しかし、テレビ台からカウンターまでLANケーブルを引っ張ってしまっては、せっかくのケーブルスッキリ計画が台無し。部屋の美観を優先して、PLCアダプターをもう1台増設するのが正解だろう。

 増設機の設定はいたって簡単だった。一方のPLCアダプターのス設定ナボタンを押し、2分以内にもう一方のPLCアダプターのス設 定ナボタンを押すだけ。これで、ホームネットワーク内のPLCアダプターとして認識され、自動的にセキュリティー等の設定が行なわれる仕組み。

 ちなみに、いったん増設したアダプターは、別の場所のコンセントに差し替えてもそのまま使える。既設のPLCアダプターから増設するPLCアダプターまでの移動に2分以上かかってしまうような広い家に住んでる方も、近くのコンセントで増設の設定だけ済ませてから、実際に使う場所に運べばいいので安心。

『見楽る』のネットワーク機能を使えば、家族それぞれのパソコンからプリンターやファクスをみんなで利用できる。一人暮らしに、そんな機能はいらないだろうって? いえいえ、とんでもない! 『見楽る』のスゴイところは、パソコンからプリントやファクス送信ができるだけじゃない。受信したファクスをPDFファイルなどに変換して、PCのハードディスクへの保存や、あらかじめ登録したメールアドレスへの自動転送が可能なところ。

届いたファクスもメールで自動転送すれば、パソコンですぐに確認できる。見やすい液晶画面で、転送先のメールアドレスの登録もカンタン
留守中に届いたファクスもメールで自動転送すれば、パソコンですぐに確認できる。見やすい液晶画面で、転送先のメールアドレスの登録もカンタン

 受信したファクスをすべてPCに保存すれば、用紙切れで大事な校正の赤字が受け取れない、といった心配がない。さらに、DMなどの不要なファクスは印刷せずに消去できるので、用紙とインクの節約にもなる。PCで作った原稿を直接ファクス送信、受信ファクスはPCで確認・保存すれば、完全なペーパーレス化も可能だ。

 私の場合、帰宅時間が遅いため、自宅に着いてファクスを見るのは深夜になってしまう。今年の誕生日は、甥っ子が似顔絵入りのバースディファクスをくれたのに、お礼の電話が翌朝になってしまった。受信ファクスの自動転送機能を使えば、留守中に届いたファクスも会社のパソコンですぐに見ることができる。受信はメール、送信はPCファクスにすれば、メールの苦手な祖父母や親戚とのやりとりに重宝しそう。

電気ノイズのカットで通信速度をキープ

 PLCアダプターを使ううえで心配なのは、ほかの家電製品から受けるノイズの影響だ。シャープのPLCアダプターが採用する HomePlug AV規格は、比較的ノイズに強い仕様とはいえ、電気ノイズの影響を受けて速度が低下する可能性はある。充電器などノイズを発生しやすい機器は、PLCアダプターとは離れた場所のコンセントにつなぐのが理想。しかし、PLCアダプターにつないで使うネットワーク機器は、そういうわけにもいかない。そこで、PLCアダプター以外の機器の電源プラグは、壁付けのコンセントには直接挿さずに、ノイズフィルター付きタップなどを利用するのがおススメ。もちろん、PLCアダプターは、壁のコンセントに直接挿すのが鉄則! 間違っても、このタップにPLCアダプターを挿さないように気をつけよう。

※ PLCアダプター感の実際の通信速度は、ご利用になる電力線の環境(設備の構造や電力線の長さなど)や、ほかの電気機器やネットワーク環境の影響を受けます。
※ インターネットの通信を行なうには、別途プロバイダー契約やモデム・ルーターなどの装置が必要となります。
※ ブロードバンド放送を視聴するには、サービス業者との契約やセットトップボックスなどの専用通信機器が必要となります。

見楽るなら1台8役!!

UX-MF50CL(子機1台付き)
●シャープ
●価格 オープン
http://www.sharp.co.jp/mirakuru/

プリンター、スキャナー、電話、FAXなど8役をこなす複合機
プリンター、スキャナー、電話、FAXなど8役をこなす複合機

【HN-VA40S】導入は2台セットがお得!

1ポートタイプと4ポートタイプがセットになった「HN-VA-40S」が導入にはおススメ。1ポートタイプ2台のセット「HN-VA10S」や増設用として1ポート、4ポートそれぞれ単体でも販売されている。

1ポート
1ポート
4ポート
4ポート

シャープ「PLCアダプター」プレゼント実施中!
応募はこちら

提供:シャープ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン