このページの本文へ

「無制限のPC定額制は不可能」――KDDI社長がコメント

2007年09月19日 20時58分更新

文● 小浜雅胤(編集部)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
代表取締役社長 小野寺正氏
代表取締役社長 小野寺正氏

 KDDIが19日に行った社長会見。同社代表取締役社長の小野寺正氏は、パソコン向けの定額サービスの提供を検討しているとコメントした。

 パソコン向けの定額サービスといえば、NTTドコモが13日に、3大キャリアとして初めて「定額データプラン」を発表した(関連記事)。

 ドコモのパソコン向け定額サービスは、ウィルコムより速く、イー・モバイルよりも対応エリアが広いことで期待も大きかったが、制約も多い。

 そこで気になるのが、auやソフトバンクモバイルがどんな対抗サービスを打ち出していくかということである。ソフトバンクモバイルはわれわれの取材に対し、「対抗サービスは行なわない」と述べているが(関連記事)、小野寺氏は同会見で次のように話した。

「PC向けの定額制を検討してないと言うとウソになる。ただはっきりしているのは、何の制限もないPCの定額制を導入するのは不可能ということだ。現在のEZwebの定額制も、一定以上の大きさのファイルをダウンロードできないようにするなどの制限をかけることで、ユーザーが公平にサービスを使えるようにしている。PCの定額制でも、(帯域を占有しないように)なんらかのコントロール機能が必要になるだろう。

 KDDIは18日、モバイルWiMAXを事業化する企業「ワイヤレスブロードバンド企画」の設立を発表したが、KDDIの携帯電話事業とWiMAXは別の事業として住み分けを行なうとしている(関連記事)。 「WiMAXの技術は当面はパソコン向けのデータ通信のみで展開していく」と小野寺氏は話した。

 1台の携帯電話で音声通話とパソコンのデータ通信を制限なく行なうという使い方は、当面は難しいようだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン