このページの本文へ

2006年09月21日更新

狙い目のITコンサルタント SEからコンサルタントへキャリアアップを図る人材続出!

景気回復にともない、上昇気流に乗るIT業界。活況を呈する転職市場の中でも、特に注目度の高い職業が「ITコンサルタント」だ。その理由は何か。IT業界に強い人材紹介会社「typeの人材紹介」の板高昌宏さんに、IT業界を取り巻く状況と転職動向を含めて聞いた。

今回の転職天気予報士:板高昌宏さん 株式会社キャリアデザインセンター 人材紹介事業部クライアントサービス部 課長

板高昌宏さん
株式会社キャリアデザインセンター
人材紹介事業部クライアントサービス部
課長

この職業の天気予報!

晴

ITコンサルタント


今 求められる人材とは?

  • 最低5年以上のシステム経験者
  • 論理的思考ができる人
  • 課題解決能力がある人
  • 顧客とのパートナーシップを構築できる人
  • プレゼン能力がある人

ITコンサルタントの年収相場は?(25歳~35歳)

  • 平均年収500~800万円
  • 最高年収1,500万円

ITに長けたコンサルタントが現代の企業活動には必要不可欠

 IT業界の転職市場は、有効求人倍率(注1)が1倍を超えており、第2新卒や中途採用の枠も日増しに広がっています。そのような状況から判断すると、IT業界の転職市場の天気は全体としてしばらく「晴れ」が続くと考えていいでしょう。中でも、特に「快晴」といえるほど需要がある職業が「ITコンサルタント」です。

(注1)有効求人倍率とは、職業安定所(ハローワーク)に登録された有効求人数を有効求職数で割った数値のことをいう。有効求人倍率が1を超えた場合、求職に対して求人が多いことを指す。有効求人倍率が高いと、職は見つけやすいといえる。

 その背景には、ITが経営におよぼすインパクトが年々拡大していることが挙げられます。ITを活用した新しいサービスへの対応や、これまでのIT設備の見直しなど、企業はITに関するさまざまな問題に直面しています。そのためコンサルティングファーム(注2)には、コンサルティングだけではなく実際のシステムインテグレーションまで、ワンストップで対応してもらいたいという要望が殺到しています。

(注2)コンサルタントが集まった企業体をコンサルティングファームと呼ぶ。企業経営に関する問題を調査し、解決策の提案を行なう。

 どのような業種でもITと無縁ではない現代社会では、コンサルティングファームは従来型のコンサルティングのほかにIT関連のアドバイスや問題解決も求められるようになっています。そのため、IT企業だけでなく、あらゆるジャンルの企業で、IT戦略をはじめ、ERP、CRM、SCMなどの導入やアドバイス、システムをからめたコンサルティングなどのできる人材が必要とされています。クライアント企業の業績アップのために、システムの提案・提供も行なうことはコンサルティング会社の重要な要素となってきました。

 IBMによるプライスウォーターハウスクーパース・コンサルティングの買収や、マイクロソフトとアクセンチュアとの提携などは、ITとコンサルティングの結びつきが強くなってきたいい例です。アクセンチュアはさらにシステム関連ビジネスを強化するために、IT子会社を立ち上げています。今やコンサルティングとITは切り離せない時代です。

1 2
キャリア連載バックナンバー
採用を勝ち取る転職必勝マニュアルバナー

おすすめ連載

組み込み系エンジニア特集

今さら聞けないIT英語

エンジニアライフ

資格試験対策

プロマネ・スキル

ビジネススキル

独立起業事例集

キャリア・コーナー紹介