このページの本文へ

低い導入コストで高度な音楽制作が可能

アップル、音楽制作ソフト「Logic Express」を発売

2007年09月14日 00時45分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルジャパン(株)は12日、音楽制作ソフトの「Logic Express 8」を発売した。上位版となるLogic Proと同じインターフェースを採用し、初心者からプロまでが使える製品に仕上がっている。価格は2万3800円(Apple Storeで見る)。対応システムは、Mac OS X 10.4.9以上。対応マシンは、1.25GHz以上のPowerPC G4を搭載したMacまたはIntel Mac。

Logic Express 8 価格2万3800円。 Logic Express 6/7もしくはLogic Audio 5/6からのアップグレード価格は1万1800円
Logic Express 8 上位版のLogic Proと同様、主要な操作を1ウィンドウ内で作業できる新しいインターフェースを採用した

主な新機能は、主要操作を1ウィンドウで作業できる新インターフェース、マルチテイク管理、クイックスワイプ合成、スナップ-トランジエント、グラフィカルタイムストレッチ、サンプルアキュレート編集など。そのほか、新しいインストゥルメントとしてUltrabeat/ES2シンセサイザー/EXS24サンプラー、新しいエフェクトとして11種類のアンプモデル/15種類のスピーカーキャビネット/Guitar Amp Pro——が付属する。

上位版のLogic Pro 8に比べると、付属するインストゥルメント/エフェクトが少ない、一部機能が備わっていない——という制限がある。とはいえ、Logic Pro 8が単体発売されなくなったこともあり、安価な導入コストで高度な音楽制作を実現する製品として注目だ。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中