このページの本文へ

フォトショップ付きワコム製ペンタブレット“Bamboo Fun”登場!

2007年09月13日 23時15分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “Bamboo Fun”は、5月に発表されたA6ワイドサイズタブレット“Bamboo”に続くBambooシリーズ第2弾として発売される製品。第1弾のBambooからデザインを一新し、ボタンや本体が丸みを帯びたデザインを採用している点が特徴だ。

Bamboo Fun ワコム製ペンタブレット“Bamboo Fun”は、5月に発表されたA6ワイドサイズタブレット“Bamboo”に続くBambooシリーズ第2弾として発売される製品。第1弾のBambooからデザインを一新し、ボタンや本体が丸みを帯びたデザインを採用している点が特徴だ

 主な機能は“Bamboo”と同様、Windows Vistaの画面の拡大・縮小やスクロールの機能を割り当てられる“タッチホイール”と4つのファンクションキーを上部に搭載している。付属する専用のペンは左右にカスタマイズ可能なスイッチを2つ備えているほか、ペン頂上部は消しゴムとして利用でき、入力・消す機能の両方とも筆圧に応じて太さや濃淡の調整が可能。
 付属のソフトは画像編集ソフトWindows版「Adobe Photoshop Elements 5.0」とMac OS X版「同 4.0」、写真加工ソフト「Photo Creator Simple for WACOM」、写真集作成ソフト「Photo-Book Creator for WACOM」、プリントソフト「プリプリまろん for Wacom」、水彩画作成ソフト「水彩LITE」が同梱される。

パッケージ 仕様
価格はやや高めとなるが、実際の見た目もなかなかに綺麗な出来栄えだ

 主な仕様だが、インターフェースはUSB。ケーブル長は約150cmで、ケーブルは取り外しが可能。本体サイズ/重量は、「CTE-650/WO」(A5サイズ)が280(W)×235.1(D)×11.2(H)mm/約550g、「CTE-450/WO」(A6サイズ)が210(W)×194.1(D)×11.2(H)mm/約370g。対応OSは Windows Vista/XP/2000、Mac OS X 10.3.9以降。カラーは今回入荷を確認したホワイトのほか、シルバーとピンクがラインナップされている。価格は「CTE-650/WO」がクレバリー1号店で1万6248円、TWOTOP秋葉原本店で1万7480円、「CTE-450/WO」がTWOTOP秋葉原本店で1万2780円となっている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中