このページの本文へ

円形ヒートシンク×2で冷却するVGA用クーラー「DuOrb」がThermalTakeから!

2007年09月12日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ThermalTakeからGeForce/Radeonシリーズに装着可能なビデオカード用クーラー「DuOrb」(型番:CL-G0102)が今週14日から発売される予定だ。

「DuOrb」(型番:CL-G0102)
2つの円形ヒートシンクを組み合わせたユニークな外観のThermalTake製ビデオカード用クーラー「DuOrb」(型番:CL-G0102)。今週14日から発売される予定

 「DuOrb」は7月に“CAFFE SOLARE(カフェソラーレ)”で開催されたThermaltake主催のアキバイベント“サーマル キャンプ 2007”や、6月の“COMPUTEX TAIPEI 2007”で展示されていたビデオカード用のクーラー。2つの円形ヒートシンクを組み合わせたユニークな外観で注目されていた製品だ。
 仕様は銅ベース+銅製フィン+6mm径×2本のヒートパイプという構成。それに合計6つのブルーLEDを内蔵した回転数2500rpmの80mm角ファンを2基搭載している。対応GPUはGeForce 6800/7800/7900/8800、RADEON 1800/1900/1950シリーズ。付属品としてメモリ用ヒートシンクが同梱する。予価は5280円で、アークや高速電脳、TSUKUMO eX.、T-ZONE.PC DIY SHOPなどで14日から発売予定だ。

仕様
仕様は銅ベース+銅製フィン+6mm径×2本のヒートパイプという構成。それに合計6つのブルーLEDを内蔵した回転数2500rpmの80mm角ファンを2基搭載している

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中