このページの本文へ

プラネックス、IEEE802.11n対応ExpressCard無線LANアダプターを発売

2007年09月10日 18時49分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プラネックスコミュニケーションズ(株)は10日、IEEE 802.11nドラフト準拠のExpressCard/34/54対応の無線LANアダプター『GW-EX300N』を今月中旬に発売すると発表した。価格は9800円。

GW-EX300N GW-EX300N

GW-EX300Nは、最大で300Mbps(理論値)での通信が行なえる無線LANカードで、IEEE 802.11nドラフト準拠のExpressCardとしては国内では初の製品だという(9月現在、同社調べ)。無線LANの設定を簡単に行なうための統一規格“WPS”(Wi-Fi Protected Setup)に対応している。MIMO(送信×2/受信×3)対応の内蔵アンテナを採用する。なお、IEEE802.11b/gにも対応している。

セキュリティー機能は“WPA”、“WPA2”、“128bit/64bit WEP”などを備える。通信方式はインフラストラクチャーモードとアドホックモードに対応。本体サイズは幅34×奥行き116×高さ8mm(突起部は含まず)。重量は24g。対応OSはWindows Vista/XP。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン