このページの本文へ

WAM Photo実写速報 第14回

松下電器産業“LUMIX”『DMC-FZ18』

2007年09月11日 00時00分更新

文● カメラマン 岡田清孝

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ワイドもアップも強い
18倍高倍率ズームを搭載

DMC-FZ18の正面

松下電器産業“LUMIX”『DMC-FZ18』。本体正面

背面

背面

松下電器産業(株)の“LUMIX”『DMC-FZ18』は有効810万画素CCDに、28~504mm相当の手ブレ補正光学18倍ズームを搭載。解像度を300画素に抑えることで画質の劣化のない“光学EXズーム”や、別売のテレコンバージョンレンズでは800mm超の望遠撮影も可能。夏モデル“LUMIX”シリーズで採用された撮影状況を自動認識する“インテリジェントオート”のほか、11点測距AFやマニュアル露出モードなど撮影機能も充実。



撮影サンプル

撮影サンプル

撮影時状況 ●焦点距離 504mm相当 ●プログラム オート(絞りF4.2・シャッタースピード1/200秒) ●ホワイトバランス オート ●ISO 100 ●JPEG最高画質



解像度検証

ISO 12233 解像度チャート

ISO 12233 解像度チャート



感度露出検証

露出+0.3

露出+0.3

露出+0.7

露出+0.7

露出+1

露出+1

露出-0.3

露出-0.3

露出-0.7

露出-0.7

露出-1

露出-1



ホワイトバランス検証

WBオート

WBオート

WBカスタム

WBカスタム



ISO感度検証

ISO 100

ISO 100

ISO 200

ISO 200

ISO 400

ISO 400

ISO 800

ISO 800

ISO 1250

ISO 1250

ISO 1600

ISO 1600

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン