このページの本文へ

NTTレゾナント、タクシーの現在地情報をウェブサイトで調べられる実証実験を開始

2007年09月07日 17時12分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エヌ・ティ・ティ レゾナント(株)は7日、実験サイト“gooラボ”において、タクシー会社の配車システムで集約されたタクシーの走行情報を地図上に表示する実証実験を開始したと発表した。神奈川県横浜市限定で実施し、無料で参照できる。実施期間は2008年3月末まで。実証実験はパソコンのほか、(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモの携帯電話機からも閲覧できる。

実証実験のウェブサイト
実証実験のウェブサイト。画面上の黄色いマークがタクシーの現在地

この実証実験では、横浜個人タクシー協同組合と三和交通(株)の配車システムを利用し、タクシーの現在地がリアルタイムで地図上に表示される。パソコン版のウェブサイトには配車センターの電話番号も表示され、電話でタクシーを呼び出すことができる。また携帯電話機では、ウェブサイトの電話番号リンクをクリックすれば直接配車センターに電話することができる。

携帯電話機から利用するには、URL(http://map.labs.goo.ne.jp/taxi/mobile/)を直接入力する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン