このページの本文へ

東芝、1枚120GB構成の1.8インチHDDを開発

2007年09月07日 12時43分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)東芝は6日、HDDの記録密度を1.5倍に高めることができる“ディスクリートトラックレコーディング”(DTR)技術を開発し、1.8インチサイズのディスク1枚で120GBの記憶容量を持つHDDの試作に成功したと発表した。2009年度中に量産化を図る予定。

DTR技術は、垂直磁気記録方式を採用したディスク上のトラックとトラックの間に溝を形成することで、隣接するトラック間の相互干渉を低減して記録密度を上げる技術。従来技術では1枚あたり80GBが限界だったが、DTR技術によりトラックピッチを大幅に狭められたほか、信号の品質を高められたことで記憶容量を1.5倍の120GBまで引き上げられたとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン