このページの本文へ

長いインターバルを経て、国内にFTP犬が復活

ハートコンピュータ、FTPソフト「Fetch日本語版Ver.5」を発売

2007年09月06日 21時17分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ハートコンピュータ(株)は5日、米フェッチソフトワークス社製のFTPソフト「Fetch日本語版Ver.5」のダウンロード販売を7日午後に開始すると発表した。価格は3150円で、各バージョンからのアップグレード製品も用意する。

Fetch5J

「Fetch」は古参FTPソフトのひとつで、ディスクをくわえた犬のアイコンが古くからのMacユーザーに親しまれている。バージョン5の動作システムは、Mac OS X 10.3.9以上だ

英語版の「Fetch 5.0」は'05年5月に登場していたものの長らく日本語化されておらず、日本語版ユーザーにとっては今回が久しぶりのメジャーアップデートになる。バージョン5の主な変更点は、ユーザーインターフェースの変更やSFTPプロトコルのサポート、ボンジュールへの対応など。もちろん、PowerPCとインテルCPUのいずれのMacでも動作するユニバーサルバイナリーだ。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中