このページの本文へ

Vista向き?ASUSTeK初のサウンドカード「XONAR D2/PM」の販売がスタート!

2007年09月05日 21時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年6月に開催された“COMPUTEX TAIPEI 2007”で公開されたASUSTeK初のサウンドカード「XONAR D2/PM」の販売が秋葉原でスタートした。

「XONAR D2/PM」 「XONAR D2/PM」基板
今年6月に開催された“COMPUTEX TAIPEI 2007”で公開されたASUSTeK初のサウンドカード「XONAR D2/PM」の販売が秋葉原でスタート。発売されたのはPCI対応の製品で、ノイズを防ぐためのシールドをほぼカード全体を覆うように装備されている

 発売されたのはPCI対応の製品で、ノイズを防ぐためのシールドをほぼカード全体を覆うように装備。サウンドチップには「Dolby Digital Live」や「DTS Interactive」に準拠したストリームへとリアルタイムエンコードして外部オーディオ機器に出力したり、「Dolby Headphone」や「Dolby Pro Logic IIx」といったサラウンド機能を利用することができるC-Media製“Oxygen HD CMI 8788”をベースに製造を委託したというASUSTeKオリジナルの“AV200”を搭載している。
 D/AコンバータにはBurr-Brown製“PCM1796”を4基、A/DコンバータにはCirrus Logic製“CS5381”を1基搭載しS/N比は入出力ともに118dBを実現。また「コンテンツの高品質な再構成ができ、 DRMの制限を気にせず楽曲をお楽しみいただけます」(ASUSTeK)というALT Technology(Analog Loop Transformation)を搭載する。

パッケージ サウンドチップ
サウンドチップにはC-Media製“Oxygen HD CMI 8788”をベースに製造を委託したというASUSTeKオリジナルの“AV200”を搭載。D/AコンバータにはBurr-Brown製“PCM1796”を4基、A/DコンバータにはCirrus Logic製“CS5381”を1基搭載しS/N比は入出力ともに118dBを実現している

 ブラケット部の構成はアナログ出力×4/アナログ入力×2/CD-In×1/Aux-in×1/デジタルS/PDIF出力×1/デジタルS/PDIF入力×1/MIDI ポート×1。対応OSはWindows XP/Vista。価格および販売ショップは以下の通りとなっている。

ブラケット部 ポップ
ブラケット部の構成はアナログ出力×4/アナログ入力×2/CD-In×1/Aux-in×1/デジタルS/PDIF出力×1/デジタルS/PDIF入力×1/MIDI ポート×1
価格ショップ
「XONAR D2/PM」
¥19,800スリートップ2号店
¥19,980ドスパラ秋葉原本店
¥20,580BLESS秋葉原本店
¥20,780TSUKUMO eX.
ツクモパソコン本店II
¥20,980アーク

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中