このページの本文へ

時間帯によって紹介されるキーワードが変化する

NTTレゾナント、gooキーワードセンターをリニューアル

2007年09月05日 19時24分更新

文● 編集部 永水和久

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エヌ・ティ・ティ レゾナント(株)は5日、同社のポータルサイト“goo”で提供する、gooのスタッフが厳選した話題の検索キーワードをジャンル別に紹介する“gooキーワードセンター”をリニューアルしたと発表した。利用は無料。

gooキーワードセンター
gooキーワードセンター

gooキーワードセンターは、gooスタッフが厳選した約9000個の検索キーワードをジャンル別に紹介するサービス。各キーワードは“タグ”が付けられており、タグを通して別のキーワードを探すことも可能。

今回リニューアルしたことで、四季をテーマにした検索キーワードを時間帯別に紹介する機能が追加された。時間帯は、“おはようタイム/朝食タイム/午前/ランチタイム/午後/ティータイム/夕方/夜/深夜”の9つ。ユーザーがアクセス(利用)する時間帯によって紹介する検索キーワードが変更される。

加えて、RSS配信にも対応し、ユーザーが新着キーワードの配信を受けられるようになった。タグ別に新着キーワードの配信を受けることも可能だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン