このページの本文へ

かつての定番がオープンソースでシェア拡大となるか?

Mozilla Foundation、ThunderbirdベースとなったEudoraのベータ版を公開

2007年09月05日 13時45分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Mozilla FoundationのPenelope(ペネロペ)プロジェクトは3日、米クアルコム社が開発していた電子メールクライアントソフト「Eudora」のベータバージョン(8.0.0b1)を公開した。クアルコムは'06年10月に、Mozilla Foundationが開発を進めている電子メールクライアントソフト「Thunderbird」の技術をベースに次期Eudoraをオープンソースで開発することを表明済みで、今回がその成果物の第一弾となる。

新しいEudoraの対応システムは、WIndows 98/98 SE/Me/NT 4.0/2000/XP/VistaとMac OS X 10.2以上。Windows環境ではXPの使用が推奨されている。

Eudoraメイン画面 Thunderbirdメイン画面
Eudora(左)とThinderbird(右)のメイン画面。アイコンなどに違いはあるが、操作体系はほぼ同じだ
Eudoraカスタマイズ画面 Thunderbirdカスタマイズ画面
Eudora(左)とThinderbird(右)のツールバーのカスタマイズ画面。Eudoraではカスタマイズ設定ウィンドウの1項目に組み込まれている。いずれも、ツールバーにドラッグ&ドロップしてボタンを配置する
Eudoraアバウト画面 Eudoraアラート
アバウト画面を表示したところ。現バージョンは8.0.0b1だThunderbirdを起動していると、Eudoraを起動できない旨のアラートが表示される
Eudora環境設定
Eudoraの環境設定画面。Thunderbirdとほとんど同じだが、右端に「Penelope」という項目が用意されており、ショートカットをEudora(From Penelope)風、操作操作画面を3/2ペインから選べる(現状では2ペインは正しく表示されない)
Eudora拡張機能 拡張機能(Add-on)もThinderbirdのものがそのまま使える

ベータ版では、インターフェース以外にThinderbirdとの違いはあまり見られない。しかしPenelopeプロジェクトのロードマップによると、今後のバージョンで旧Eudoraからのフィルター設定や初期設定のインポート、Eudoraの操作性などを取り入れる予定になっている。



カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中