このページの本文へ

おまたせ「らき☆すた」キャラクターソングCDが登場、お気に入りキャラクターを確保だ!

2007年09月04日 23時00分更新

文● 師 忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 番組では、エンディングや「らっきー☆ちゃんねる」の激しさというか暴走が加速中の「らき☆すた」。今までも関連CDは色々出ていたが、ある意味やっとという感じもする「キャラクターソングCD」がついにランティスより登場した。今回発売になったキャラクタはメインの4人娘、「泉こなた」「柊かがみ」「柊つかさ」「高良みゆき」だ。この順番にVol.001~004という番号が振られており、店頭での販売価格はそれぞれ1200円となっていた。

「らき☆すた」コーナー ずらりと並んだキャラクターソング。まだ今のところ在庫で人気がハッキリとわかるような状況にはなっていなかった。ここのところDVD、CDと発売が続いているおかげで、完全に「らき☆すた」コーナーと化している

 収録しているのは、ボーカル2曲にキャラクターのセリフや自己紹介を使ってアレンジした曲、そしてオフボーカル2曲という5トラック構成。アレンジ曲は1分程度の長さで、キャラによって全く違う出来上がりとなっている。こなたの場合は自己紹介トークがベースなのだが、他の3人は日常のセリフをベースに作られているといったような違いだ。またボーカル曲も、それぞれキャラクターの魅力を引き出す内容。タイトルにも、みゆきの場合は「萌え要素ってなんですか?」といった具合に、キャラのポイントなる要素がわかりやすく盛り込まれている。

 それぞれの楽曲は、もちろん各キャラのTV版声優さんが歌っている。「こなた」は平野綾さん、「かがみ」は加藤英美里さん、「つかさ」は福原香織さん、「みゆき」は遠藤綾さんだ。エンディングのカラオケで聞かせてくれた歌声は、あくまでもキャラクターが「歌っている演技」であり、場合によってはモノマネ要素まで入っていた。それに対して今回の歌声は正統派キャラクターソングとして楽しめるだろう。

パッケージを並べたポップ やはりパッケージを並べたポップがわかりやすい。曲名も、キャラクターのイメージにあっていて楽しい

 ジャケットイラストは、4人ともポーズが一緒。「サタデーナイトフィーバー」のようなポーズを決めていて、裏面ではミラーボールが頭上にまわっている。ただ表情の違いに4人の個性が表れている。全く恥じらいも見せずに思いっきりノリにのってる「こなた」、恥ずかしそうながらもきめている「かがみ」、冷や汗をかきながらポーズもぎこちない「つかさ」、ちょっと恥ずかしそうながらもそつなくこなしている「みゆき」といった具合だ。またショップによってはジャケットイラストを使ったイラストカードのプレゼントを行っているところもあった。

泉こなた 泉こなた
Vol.001の「泉こなた」。パッケージカラーは青で、基本的には髪の毛の色と合わせてあるようだ。表情が一番生き生きとしているのは、やはり「こなた」が得意とするディスコ風のシチュエーションだからだろうか
柊かがみ 柊かがみ
意外とノッっている「柊かがみ」。ウィンクがはまって、セクシー度は一番高いと思うのだが、これは筆者のひいき目か?
柊つかさ 柊つかさ
おねーちゃんのかがみに紫色のパッケージカラーを取られてしまったためか、オレンジ色となっている「柊つかさ」。冷や汗もかいていたりと、一番恥ずかしがっている。だがそれがイイ!
高良みゆき 高良みゆき
なんでもそつなくこなしているのが「高良みゆき」。何となくニヤけているように見えるのは、実は楽しんでいるからなのだろうか。筆者としてはドジっ娘っぽい萌え要素のイラストのが好みだったのでちょっと残念

 なお筆者も早速4枚購入してきてウィンドウズメディアプレイヤーで再生してみたのだが、「こなた」と「つかさ」は曲名などが表示されたのに対して、「かがみ」と「みゆき」は表示されなかった。4枚同時発売のキャラクターソングCDという状況なのだが、このような微妙な違いが出ているのはおもしろい。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ