このページの本文へ

ウィルコム、リモートロック代行サービスを24時間対応に

2007年09月04日 18時40分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ウィルコムおよび(株)ウィルコム沖縄は4日、センターに電話をかけて端末をロックする“リモートロック代行サービス”について、24時間利用可能にすると発表した。PHSを紛失した時など、電話をかければいつでもロックが行なえるようになる。

リモートロック代行サービスは、ウィルコムサービスセンターに電話をかけることで、ウィルコムの電話機をロックできるサービス。電話機のロックをすることで、“電源のオン/オフ”と“電話の着信”以外の利用ができなくなる。ロック1回につき、525円の手数料がかかる

利用にあたって事前の登録は不要。紛失してしまった場合に、ウィルコムサービスセンターに電話をすれば、すぐに利用できる。このサービスではロックの解除も可能で、解除の手数料は無料。

同サービスの対象機種は“WX”シリーズ、『Advanced/W-ZERO3[es]』(WS011SH)、『9(nine)』(WS009KE)、『AH-J3003S』(RX420IN/RX420AL利用時)で、一部機種ではファームウェアの更新が必要となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン