このページの本文へ

ウィルコム、Advanced/W-ZERO3[es]のバージョンアップソフトウェアの提供を再開

2007年09月04日 14時49分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ウィルコムおよび(株)ウィルコム沖縄は4日、8月31日の公開直後から公開停止していた『Advanced/W-ZERO3[es]』(WS011SH)のバージョンアップソフトウェア(関連記事)の提供を再開したと発表した。最新の内蔵ソフトウェアのバージョンは“1.02a”となっている。ソフトウェアは無料だが、ダウンロードにかかる通信料は別途必要。

今回のバージョン1.02aでは、8月31日に公開されたバージョン“1.01a”の動作が不安定になる現象を修正したとしている。そのほかの改良点は1.01aと同じ。

内蔵ソフトウェアの更新方法は、同社ウェブサイトのダウンロードページ(下記関連サイト参照)で公開されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン