このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

RAWデータ現像ソフト

レビュー:ArcSoft Digital Darkroom

2007年09月04日 04時03分更新

文● 斎賀和彦

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

初心者でも簡単に扱えるRAW現像の入門ソフト


ArcSoft Digital Darkroom 【SPEC】
開発元●米アークソフト社 販売元●(株)ジャングル 価格●1万8690円(通常版)、1万2600円(ダウンロード版)
http://www.junglejapan.com/

対応システム●OS X10.3以上 対応機種●PowerPC G4以上、またはインテルCPUを搭載したMac

【COMMENT】
シンプルなインターフェースなので、デジタル一眼レフを使い始めたユーザーにお勧め。RAW現像に慣れた人には機能的に物足りないかも。


 「ArkSoft Digital Darkroom」はデジカメのRAWデータを現像するソフトだ。JPEG形式と違い、撮影素子であるCCDやCMOSの撮影情報をそのまま記録したRAWデータは、いわばデジタル写真のネガフィルム。そのままでは閲覧しにくいものの、カラーバランスやホワイトバランスなどを緻密に調整して、撮影した画像を正確に補正できるのが利点だ。

 本ソフトの魅力のひとつに、シンプルで直感的な操作性が挙げられる。

ArcSoft Digital Darkroom for MacOS X
補正機能はジャンルごとにパネルにまとめられ、メイン画面の右側に並ぶ。必要なパネルを開いて操作するため的確な現像処理が可能

プロユーザーのニーズによって複雑になりがちなRAW現像ソフトだが、それゆえ使いこなせず、かえって過剰補正になってしまうことも多い。その点、本ソフトでは補正をステップごとのパネルに分類しているため、初心者にもわかりやすくRAW現像のワークフローへ誘導している。補正中に元画像と補正した状態を並べて表示する「ビフォーアフター機能」により、試行錯誤を重ねて作業できるので、画像補整のノウハウが乏しくても意図した色調に調整しやすい。

ArcSoft Digital Darkroom for MacOS X
色と輝度の2つのスライダーだけの簡単操作ながら、強力な効果を備えたノイズ低減機能。ビフォーアフター表示によりベターな調整が可能だ
ArcSoft Digital Darkroom for MacOS X
「セピア」といったエフェクトも使える。RAWデータだけでなくJPEG画像に対しても多くの効果を施せる

(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中