このページの本文へ

有償版は10GBに

マイクロソフト、Live Hotmailの受信トレイ容量を5GBに拡大

2007年09月03日 19時39分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は3日、同社が運営する無料のメールサービス“Windows Live Hotmail”の受信トレイ容量を2GBから5GBに同日付けで拡大したと発表した。

利用イメージ
利用イメージ。プレビューウインドウは右表示のほか、オフにすることも可能

容量を拡大したほか、Windows Liveサービス全体に共通するインターフェースを新たに採用した。そのほか、不在時の自動応答設定が行なえるほか、Windows Live Hotmailのアカウントを複数所持していた場合に、受信したメールをほかのアカウントへ自動転送をできるようになった。また、迷惑メール対策機能の強化も図っており、フィッシング詐欺メールとして仕分けされた受信メールに対して“フィッシングを報告”のリンクをクリックしてフィッシング詐欺メールとして報告できるようになった。

なお、有料サービスである“Windows Live Hotmail Plus”においても、Windows Live Hotmailの容量拡大に伴い受信トレイ容量が4GBから10GBに拡大された。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン