このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

時事ニュースを読み解く “津田大介に聞け!!”第1回

ウォークマンが“ATRAC”を捨てた理由

2007年09月03日 21時07分更新

文● 編集部、語り●津田大介(ITジャーナリスト)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「日本では、ATRACをいきなりやめられない」


NWD-B100
“NWD-B100”シリーズ

── DRMなしのWMAは、7月に発表された“NWD-B100”シリーズ(ニュースリリース)も採用していた。WMAではなく、AACを採用する選択肢もあったと思うが。

津田 DRMフリーの楽曲といえば、英EMIがアップルと組んで、iTSで“iTunes Plus”として始めたものが知られている。EMIだけではなく、米ユニバーサル・ミュージックもDRMフリーの楽曲配信をMP3形式で始めている。

ソニーとしては、どちらかといえばアップルの対抗勢力に付いたほうがいいと考えているのではないだろうか。


── ATRAC廃止の波は、日本市場にも波及するのか?

津田 日本では、J-POPだったら“Mora”のほうがiTSより購入されている。Moraの標準フォーマットはATRACだ。今まで何千、何万というユーザーがmoraで楽曲を購入している訳だから、いきなりやめるということはないだろう。

将来的にはATRAC、AAC、WMA、MP3などに対応した“全部入り”の携帯型音楽プレーヤーが出てくるのではないだろうか。今回の『NWZ-A810』の後継となる『NWZ-820』か『NWZ-830』(型番は予想)あたりで投入してくることも十分考えられる。


CONTENT'S FUTURE
『CONTENT'S FUTURE』

筆者紹介-津田大介


インターネット媒体やビジネス誌を中心に、幅広いジャンルの記事を執筆するライター/ITジャーナリスト。音楽配信、ファイル交換ソフト、CCCDなどのデジタル著作権問題などに造詣が深い。音楽配信関連の話題を扱うウェブサイト“音楽配信メモ”の管理人としても知られる。この8月に小寺信良氏との共著で『CONTENT'S FUTURE』を出版。


■8/30までの主なニュース

  • 【8/21】米リアル・ネットワークス、米MTV、米ベライゾンが、音楽配信サービス提供のために提携(英語ニュースリリース
  • 【8/24】警察庁“平成19年上半期における主な生活経済事犯の検挙状況について”(知的財産権侵害事犯について、警視庁のPDF)
  • 【8/27】ウェブで買ったDVDを手元のDVDドライブへ直接書き込むサービスが登場!(ASCII.jpの記事)
  • 【8/29】東京地裁、チャップリン映画の格安版DVDの販売を差し止め(Google ニュース)
  • 【8/29】フィンランド・ノキア、今秋に音楽配信サービス“Nokia Music Store”を開始(英文ニュースリリース)
  • 【8/30】映画盗撮防止法の施行(日本映画製作者連盟によるQ&A)

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン