このページの本文へ

新機種リポート:iMac (Mid 2007) Vol.4

2.8GHzモデルはやっぱり速い!! 新iMacベンチマーク

2007年08月31日 20時16分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アルミ筐体で液晶面がガラスで覆われた新デザインのiMacは、20/24インチの2モデルが用意されており、クロック周波数は2.0/2.4/2.8GHzと3つのバリエーションがある。ロジックボード解析やベンチマークなどは、現在発売中のMacPeople 07年10月号に掲載で詳しく紹介しているが、今回2.8GHzモデルを入手したので誌面よりひと足先にベンチマークテストを実施した。

iMac 2.8GHz iMac 2.8GHzモデルはメインメモリーが標準で2GB搭載されており、業務以外の用途なら増設する必要性は低いだろう。なお、2GBモジュール×2枚を装着することで4GBまで拡張できる

2.8GHzのCore 2 Duoは、「Core 2 Extreme X7900」というプロセッサーナンバーのCPU。Core 2 ExtremeはCore 2 Duoの上位版に位置づけられている製品で、FSBは800MHz/2次キャッシュメモリーは4MB(共有)と同じながら、クロック周波数が高いのが特徴。このCPUはモバイル向けで、本来ならプロノートマシンに位置づけられているMacBook Proの最上位版に先に搭載されるべきだ。予想を裏切ってコンシューマー機のiMacが先に搭載したことは、アップルがiMacをプロ向けの下位モデルとして販売していきたいというアピールかもしれない。さっそく、その実力を確かめていくことにしよう。

iMac 2.8GHz ハードウェアの情報を取得できるオンラインウェア「Hardware Monitor」で見ると、2.8GHzのCPUがCore 2 Extreme X7900であることがわかる

1GBファイル/フォルダーコピー

ハードディスク性能を調べるために、容量が1GBの単体ファイル/多数のファイルを含むフォルダーを起動ディスク上で複製する時間を計測した。2.8GHzを含む新iMacは、旧iMacよりも高い性能を示した。ハードディスクの接続インターフェースはSATA IIで同様だが、主にチップセットの刷新などにより性能が向上したと考えられる。

ファイル/フォルダーコピー
容量が1GBの単体ファイル/多数のファイルを含むフォルダーを起動ディスク上で複製する時間をそれぞれ計測

Adobe Photoshop CS3 スクロール/アクション

2Dの描画性能を調べるために、Adobe Photoshop CS3を使って、縦長画像のスクロールと、さまざまなフィルターを組み合わせたフィルター処理にかかった時間を計測した。スクロール速度を見ると、GPUの性能が大幅に向上していることがわかる。アクションについては、旧モデルとさほど変わらない。

Adobe Photoshop CS3 スクロール/アクション
縦1万4400×横640ドットの画像を開き、上から下までスクロールするのにかかった時間、さまざまなフィルターを組み合わせたアクションの実行時間をそれぞれ計測

CINEBENCH 9.5 レンダリング/OpenGL

おなじみのベンチマークソフト「CINEBENCH 9.5」を使って、CPUのレンダリング性能とGPUのOpenGL描画性能を計測。Radeon HD 2600 PROを搭載する24インチモデルは、旧iMacが搭載するGeForce 7300GTに比べて1.1倍ほどの性能向上が見られる。

CINEBENCH 9.5
3Dグラフィックソフトがベースのベンチマークソフトを使って、CPUのレンダリング性能、GPUのOpenGL描画性能を検証した

QuickTime DV→H.264エンコード

QuickTimeのPro版を使ったDV映像からH.264映像へのエンコードにかかる時間を計測。新旧モデルを問わず、クロック周波数にほぼ比例する結果が現れた。

QuickTime Pro DV→H.264エンコード
QuickTimeのPro版を使って、再生時間が60秒のDVムービーをH.264形式にエンコードする時間を計測

iTunes AIFF→AACエンコード

iTunes 7を使って、AIFFファイルからAACファイルへのエンコードにかかる時間を計測。QuickTimeと同様、CPUのクロック周波数にほぼ比例する値となった。

iTunes 7 AIFF→AACエンコード
約40分のAIFFファイルを128kbpsのAACフォーマットにエンコードする時間を計測

Doom 3 フレームレート

3Dアクションゲーム「Doom 3」のベンチマーク機能を使って、3Dグラフィックのフレームレートを計測。残念ながら旧iMacに及ばない結果となった。しかし、GPU自体は旧iMacよりも確実に高性能なので、今後のソフトウェアアップデートなどでビデオドライバーの熟成が進めば、この差は埋まる可能性が高い。

Doom 3フレームレート
3Dアクションゲーム「Doom 3」が内蔵するベンチマーク機能を使ってデモ画面のフレームレートを計測

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中