このページの本文へ

スクエアな新デザインのベースステーションユーザーは必見

アップル、11n対応AirMac Extremeベースステーションのアップデーターを公開

2007年08月31日 17時30分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルジャパン(株)は29日、AirMac Extremeベースステーションのファームウェアップデーター「AirMac Extreme Base Station with 802.11n* Firmware 7.2.1」の配布を開始した。対象となるのは、IEEE 802.11nドラフト対応したAirMac Extremeベースステーションだ。

AirMacユーティリティ

該当のAirMac Extremeベースステーションに接続したMacで「AirMacユーティリティ」を起動すると、最新ファームウェアをダウンロードできる。また、アップルのウェブサイトからもダウンロード可能だ

このアップデーターを実行すると、既知の不具合の修正およびセキュリティーの更新が実行される。なお、本アップデーターを実行するには、「AirMacユーティリティ」のバージョン5.1以上が必要だ。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中