このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

【詳報】年末商戦がターニングポイント――ソニー“BRAVIA”発表会を開催

今年は40型以上の液晶テレビの伸びが顕著

2007年08月29日 20時23分更新

文● 編集部 橋本 優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今年は40型以上の液晶テレビの伸びが顕著

ソニーの業務執行役員 シニアバイスプレジデント テレビ事業本部長 福田隆志氏
ソニーの業務執行役員 シニアバイスプレジデント テレビ事業本部長 福田隆志氏

発表会では、ソニーの福田隆志氏があいさつを行なった。同氏は今年の事業目標に“拡大と進化”を掲げ、ワールドワイドで1000万台の出荷を目指すという。“拡大”は画面サイズの大型化を指し、同氏によると、全世界において40型以上の液晶テレビの出荷の伸びが顕著だとし、今年度においても約44%が40型以上になると予想している。そこで「フォーカスしなければいけない重要な領域」と位置づけ、今回のラインナップは40型以上を充実させる形となった。

ワールドワイドの液晶テレビ売り上げ推移グラフ
ワールドワイドの液晶テレビ売り上げ推移グラフ

“進化”は高画質技術と革新的な操作性を挙げ、モーションフローの強化と新しいリモコンについて説明した。

ソニーマーケティング 取締役 執行役員常務の鹿野 清氏
ソニーマーケティング 取締役 執行役員常務の鹿野 清氏

続いて登壇した、ソニーマーケティング(株)の鹿野 清氏は、今年で3年目を迎えるBRAVIA事業について「第三章」と位置づけた。同氏は地デジ受信機の世帯普及率が27.8%になっている(NHKおよび総務省調べ)ことを挙げ、「国内の家電製品は普及率が30%を超えると急激に立ち上がる」とし、「まさに年末商戦は、そのターニングポイントの30%を超える絶好のビジネスチャンス」であると語った。

32型ブラウン管テレビの出荷台数の遍歴
32型ブラウン管テレビの出荷台数の遍歴

また同氏は、今年の年末商戦について、1999年から2000年にかけて多く出荷された、32型ワイドブラウン管テレビのユーザーが買い替えを考える時期だと予想。そして、32型のブラウン管テレビユーザーと同程度の大きさの46V型の液晶テレビが多く売れるのではないかと予想しているという。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン