このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

地デジノートはLaVie Cに集約

NEC、秋冬モデルのノートパソコン新製品を発表

2007年09月03日 11時00分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)とNECパーソナルプロダクツ(株)は3日、家庭向けノートパソコン“LaVie”(ラヴィ)シリーズの2007年秋冬モデル新製品3シリーズ7機種と、ウェブ直販専用モデル1シリーズ3機種を発表した。店頭モデルの価格は全機種オープンプライス。

紙のノートをモチーフにした新デザイン LaVie L アドバンスト

“LaVie L アドバンストタイプ”『LL850/KG』
WXGA+の高解像度液晶ディスプレーを搭載した“LaVie L アドバンストタイプ”『LL850/KG』

普及価格帯のスタンダードなノートパソコン“LaVie L”シリーズは、“LaVie L アドバンストタイプ”がデザインを一新して登場した(後述するLaVie Cシリーズも同じデザインを採用する)。“紙のノート”をモチーフにしたというデザインは、ヒンジ周りのラインが緩やかなカーブを描いている。またタッチパッドのボタン部分は、“ボウタイ”(蝶ネクタイの1種)をモチーフとしており、左右ボタンの間のくぼんだ部分に、ホイールがわりの上下ボタンを組み合わせた洒落たデザインをしている。なお、8月21日に発表された“LaVie L スタンダードタイプ”(関連記事)も、同じデザインのボタンを採用している。

本体側面のヒンジに近い部分は、緩やかなカーブを描いてパネルにつながるようなデザインをしている ボウタイ風のシルバーのマウスボタンに、ホイール代わりの上下ボタンが配置されたボタン部
本体側面のヒンジに近い部分は、緩やかなカーブを描いてパネルにつながるようなデザインをしているボウタイ風のシルバーのマウスボタンに、ホイール代わりの上下ボタンが配置されたボタン部

シリーズ最上位機種の『LL850/KG』と下位機種の『LL750/KG』には、液晶ディスプレーの上に有効画素数約198万画素のウェブカメラが標準搭載されている。ウェブカメラを搭載するパソコンは決して珍しいものではないが、同社では“注目が集まっている半面、有効に使われていない”と分析。独自の調査により、ウェブカメラの画質や解像度といった“表示性能への不満”が8割にものぼるとした。そこで高解像度カメラの搭載によって、性能面の不満を解消を狙った。

さらに、“ウェブカメラの使い方を広げる”機能として、2つの機能が搭載されている。“Qcam for NEC”と呼ばれるユーティリティーでは、ウェブカメラに写った人物の上にヒゲや帽子といった“フェイスアクセサリ”を表示したり、人物の顔をイラストで描かれた人や動物、怪獣などの“アバター”に変えてしまうといった面白い機能を提供している。同社の顔認証技術“NeoFace”を活用した、顔認証によるWindows Vistaのログオン機能も、ウェブカメラを使った機能である。事前に3枚の顔写真をユーザー情報として登録することで、Windowsログオン時にパスワードを入力する代わりに、自分の顔で認証を行なえるようになる。

“Qcam for NEC” “Qcam for NEC”を使うと、ウェブカメラで写った自分の顔に帽子やヒゲをつけたり、動物の顔に変えたりできる。ビデオチャットがより楽しくなりそうだ

スペック面では、CPU性能が向上した代わりに、地上デジタル放送視聴やBlu-rayディスク(BD)再生機能は省かれた。地上デジタル放送についてはLaVie Cシリーズで継承している。CPUはLL850/KGと中位モデルの『LL800/KG』がCore 2 Duo T7250(2GHz)を、LL750/KGはCeleron 530(1.73GHz)を搭載している。グラフィックス機能(GPU)はRadeon Xpress 1250チップセットの内蔵機能を使用する。

液晶ディスプレーのサイズはいずれも15.4インチワイドサイズだが、LL850/KGとLL750/KGは、解像度1440×900ドット(WXGA+)の高解像度パネル“スーパーシャインビューEX3液晶”を採用。より広い画面でのWindows操作を実現している(LL800/KGは1280×800ドット)。色再現域もNTSC比90%と、ノートパソコンとしては優れた性能を誇る。また、映像出力端子としてアナログRGB出力(D-Sub 15ピン)と、HDMI出力を装備。HDMI出力経由で表示する場合は、最大1920×1080ドットのフルHD解像度での表示が可能となる。

家庭内でデスクトップパソコンのように使う、いわゆる“デスクノート”の部類であるため、バッテリー駆動時間等はあまり重視した製品ではない。搭載バッテリーも最近では珍しいニッケル水素充電池を使用している。バッテリー駆動時間は約1時間(JEITA測定法1.0)である。重量は約3.5kg。

主な仕様と予想実売価格価格は以下のとおり。発売予定時期は9月中旬。なお、NEC Directで販売されるウェブ直販モデル『LaVie G タイプLアドバンスト』は、B.T.O.方式によりメモリーを最大3.5GBまで搭載できるほか、フラッシュメモリーを内蔵して高速化を図ったHybrid HDDや、IEEE 802.11nにも対応した無線LAN機能(標準はIEEE 802.11a/b/g)、指紋認証センサーなどを搭載できる。最小構成価格は13万5000円前後。

LL850/KG
CPU:Core 2 Duo T7250(2GHz)|メモリー:DDR2-677 1GB|グラフィックス:Radeon Xpress 1250チップセット内蔵
ディスプレー:15.4インチワイド 1440×900ドット|HDD:120GB|光学ドライブ:DVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ|無線通信機能:IEEE 802.11a/b/g
サイズ:幅370×奥行き278×高さ43.3mm|重量:約3.5kg|バッテリー駆動時間:約1.0時間|OS:Windows Vista Home Premium
予想実売価格:20万5000円前後
LL800/KG
ディスプレー:15.4インチワイド 1280×800ドット|重量:約3.6kg|それ以外の主な仕様はLL850/KGと同等
予想実売価格:19万円前後
LL750/KG
CPU:Celeron 530(1.73GHz)|ディスプレー:15.4インチワイド 1440×900ドット|重量:約3.6kg|バッテリー駆動時間:約0.9時間|それ以外の主な仕様はLL800/KGと同等
予想実売価格:18万円前後

“LaVie L スタンダードタイプ”『LL370/KG』 “LaVie L スタンダードタイプ”『LL370/KG』

低価格ノートの“LaVie L スタンダードタイプ”の新製品『LL370/KG』は、夏モデル『LL370/JD』からのマイナーチェンジとなっている。CPUがCeleron M 430(1.73GHz)からCeleron 520(1.60GHz)へと若干向上したほか、GPU内蔵チップセットが変更され、HDD容量が増加している。筐体デザインの変更はない。

主な仕様と予想実売価格価格は以下のとおり。発売予定時期は9月中旬。ウェブ直販モデル『LaVie G タイプLスタンダード(e)』は、最大2GBのメモリーや最大160GBのHDDを選択できる。最小構成価格は11万円前後。

LL370/KG
CPU:Celeron 520(1.60GHz)|メモリー:DDR2-533 1GB|グラフィックス:Radeon Xpress 1000チップセット内蔵
ディスプレー:15.4インチワイド 1280×800ドット|HDD:120GB|光学ドライブ:DVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ|無線通信機能:IEEE 802.11a/b/g
サイズ:幅362×奥行き261×高さ40mm|重量:約2.8kg|バッテリー駆動時間:約0.9時間|OS:Windows Vista Home Premium
予想実売価格:15万円前後

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン