このページの本文へ

複数のユーザーが自分の設定を同一環境で使い分けられる

リーンフェイズ、FCPの環境設定管理ソフト「FCP Manager」を発売

2007年08月25日 12時00分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)リーンフェイズは23日、Final Cut Proの環境設定を管理するソフト「FCP Manager」を発売した。価格はオープンプライスで、実売価格は8500円前後。パッケージ版は(株)アスクが販売する。

FCP Manager

OS X 10.4以上、またFinal Cut Pro 5以上で動作(バージョン6対応)。インテルCPU/PowerPCのいずれでも動作するユニバーサルバイナリーだ

FCP Managere」は、今年6月に発表されたフリーウェア「FCP Manager Lite」の機能を強化したもの。両製品はFinal Cut Proの環境設定をプリセットとして登録しておくことで、デッキの設定やウィンドウ配置、ボタンバーやショートカットの設定などを簡単に切り替えられる。今回の「FCP Manager」は、プリセットの保存数(Lite版は6つ)に制限がなくなり、プリセットの登録者情報を設定できるなど、業務ニーズにより応えた製品になっている。

FCP Manager

「FCP Manager」は、無制限のプリセット管理、プリセットの保護機能、プリセットへの登録者情報の付加、インターフェースの改良などの点でLite版と異なる


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中