このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

新水冷システム搭載の一体型PCも登場!

NEC、2007年秋冬モデルのデスクトップパソコンを発表

2007年09月03日 11時00分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)とNECパーソナルプロダクツ(株)は3日、家庭向けデスクトップパソコン“VALUESTAR”シリーズの2007年秋冬モデル新製品4シリーズ10機種と、ウェブ直販専用モデル1シリーズ4機種を発表した。店頭モデルの価格は全機種オープンプライス。OSは全機種Windows Vista Home Premiumを搭載している。

なお、2007年夏モデルで登場した地上デジタル放送チューナー内蔵液晶ディスプレー一体型パソコン“VALUESTAR S”『VS570/JG』は、継続販売となる。

新型水冷にHD DVD&BDドライブも搭載! VALUESTAR W

“VALUESTAR W”『VW790/KG』
新型水冷システムとHD DVD対応BDドライブを搭載した“VALUESTAR W”『VW790/KG』

VALUESTARシリーズのフラッグシップモデルである“VALUESTAR W”シリーズは、大型のワイド液晶ディスプレーを搭載したエンターテインメント用途を重視する一体型パソコンである。秋冬モデルの新製品では、NECと日立製作所(株)が共同開発した、デスクトップパソコン向け“静音水冷システム”(関連記事)を搭載することで、耳障りなファン/モーターの回転音を抑制したことが大きな特徴となっている。

静音水冷システムの構造図 VALUESTAR Wの冷却設計のイメージ
静音水冷システムの構造図。ポンプで送り出された水はまずHDDを冷却し、CPU水冷ジャケットに送られる仕組みとなっているVALUESTAR Wの冷却設計のイメージ。本体上部から外気を取り込み、メモリーや内蔵カード類、水冷システムのラジエターを冷やす

CPUの熱を水冷システムで冷やすのに加えて、新しい静音水冷システムではHDDも吸音・防振材で包み込んだうえで水冷ジャケットで冷却するため、最大稼働時でも25dB程度の静かさ(アナウンススタジオや聴力検査室並み)を実現している。水冷システムを搭載した同社の従来製品と比べても、その騒音レベルは3分の1程度まで低減されているとのことだ。静かな屋内で映像や音楽を鑑賞する際にも、ファンノイズに邪魔されることなく楽しめるだろう。

さらに最上位機種である『VW790/KG』には、HD DVDの読み込みに対応した記録型Blu-rayディスクドライブが内蔵された。市販のBD/HD DVDソフトの視聴を1台で楽しめるほか、内蔵の地上デジタル放送チューナー(アナログチューナーも搭載)と組み合わせて、録画したデジタル放送番組をBDメディアに記録することも可能となっている。

液晶ディスプレーには、22インチワイドサイズ、解像度1680×1050ドットの“スーパーシャインビューEX2液晶”を採用。広々した画面でのWindows操作や、大きな画面でのコンテンツ視聴を行なえる。フルHD解像度(1920×1080ドット)にはやや足らないが、それに劣らない解像度は高精細なHD映像コンテンツを楽しむのにも十分な性能を備える。

大きな液晶ディスプレーを搭載するため、本体の前面から見た面積は大きい。しかし奥行きはわずか約25cmで、一般的なA4ノートパソコンよりも短くなっている。また、本体部分背面には通風口やコネクターパネルの類がないデザインとなっているので、壁際にぴったりと寄せて設置することも可能だ。BDドライブのトレイやメモリーカードリーダー、USBポート×1などは本体前面の操作しやすい位置に配置されている。さらに付属のワイヤレスキーボードは、本体下部に収納できる。

性能面も充実しており、VW790/KGはCPUにCore 2 Duo E4400(2GHz)を、グラフィックスチップ(GPU)にはDirectX 10対応のGeForce 8400M GTを内蔵するなど、比較的ハイスペックな構成となっている。無線LAN機能として、IEEE 802.11n ドラフト2.0に対応するIEEE 802.11a/b/g/n対応無線LANを内蔵する点も特徴である。『VW770/KG』は液晶ディスプレーやCPU、テレビチューナーはVW790/KGと同等で、GPUがRadeon Xpress 1250チップセット内蔵、光学ドライブはDVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブに変更されたモデルである。HD DVD/BD再生やゲーム用途を重視しないユーザーには適当な構成となっている。

19インチワイドモデルの『VW300/KG』 19インチワイドモデルの『VW300/KG』

VW500/KG』と『VW300/KG』は、液晶ディスプレーに19インチワイドサイズ、1440×900ドットのパネルを採用した廉価版である。VW500/KGは地上デジタル/アナログ放送チューナーを内蔵しているが、VW300/KGはテレビ機能を持たない。CPUには、VW500/KGがPentium Dual-Core E2160(1.80GHz)を、VW300/KGがCeleron 420(1.60GHz)を採用している。

主な仕様と予想実売価格価格は以下のとおり。BD搭載のVW790/KGは、34万円前後と想定されている。発売予定時期は10月末(VW300/KGのみ今月上旬)。なお、NEC Directで販売されるウェブ直販モデル『VALUESTAR G タイプW』は、B.T.O.方式によりメモリー最大4GB、HDD最大750GBを選択できるほか、OSにWindows Vista Ultimateを選択可能となっている。最小構成価格は19万5000円前後から。

VW790/KG
CPU:Core 2 Duo E4400(2GHz)|メモリー:DDR2-677 1GB|グラフィックス:GeForce 8400M GT
ディスプレー:22インチワイド 1680×1050ドット|HDD:500GB|光学ドライブ:HD DVD読み込み対応記録型BDドライブ|TV機能:地上デジタル放送/地上アナログ放送チューナー内蔵|無線通信機能:IEEE 802.11a/b/g/n
サイズ:幅534×奥行き253×高さ476mm(ディスプレー直立時)|重量:約21kg|OS:Windows Vista Home Premium
予想実売価格:34万円前後
VW770/KG
グラフィックス:Radeon Xpress 1250チップセット内蔵|光学ドライブ:DVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ|無線通信機能:IEEE 802.11a/b/g|それ以外の主な仕様はVW790/KGと同等
予想実売価格:27万円前後
VW500/KG
CPU:Pentium Dual-Core E2160(1.80GHz)|ディスプレー:19インチワイド 1440×900ドット|HDD:320GB|無線通信機能:搭載せず
重量:約20kg|それ以外の主な仕様はVW790/KGと同等
予想実売価格:24万円前後
VW300/KG
CPU:Celeron 420(1.60GHz)|TV機能:搭載せず|それ以外の主な仕様はVW500/KGと同等
予想実売価格:21万5000円前後

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン