このページの本文へ

イーエントリーが新しいスタイルのオンラインDVD販売サービスを開始

ウェブで買ったDVDを手元のDVDドライブへ直接書き込むサービスが登場!

2007年08月27日 16時50分更新

文● 編集部 橋本 優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

イーエントリー(株)は27日、DVD-Videoタイトルインターネットを通じて配信し、ユーザーのパソコンのDVDドライブのDVD-Rメディアに直接書き込むことができるオンラインサービス“iDVDt.com”を発表した。サービス開始は28日から(現在はベータサービスを提供中)。

“iDVDt.com(ベータ版)”トップページ
“iDVDt.com(ベータ版)”トップページ

本サービスでは、配信からDVD書き込みまでを(株)ウェブストリームの“DVD Toaster”という技術で実現している。この技術はHDDにイメージを保存することなく、直接オンラインでDVDメディアにデータを書き込むのが特徴。HDDにデータが残らないため、違法コピーのリスクを抑えられるという。また、DVDイメージの配信となるため、DVDのメニューや特典映像、サラウンド音声も含めたコンテンツ提供が可能であり、このあたりが動画配信サービスなどと比較した場合のアドバンテージだという。

“DVD Toaster”の概念図
“DVD Toaster”の概念図

サービスの利用には、事前にユーザーのメールアドレス登録とウェブブラウザーへのActive Xコントロールのインストールが必要となる。ユーザーはiDVDt.comのウェブサイトにアクセスし、購入したいDVDを選択、クレジット決済の後にウェブページの“DVDを焼く”ボタンをクリックすると書き込みが開始される。60分のDVDタイトルで、配信と書き込みにかかる時間は15~45分程度だという(通信状態による)。

購入したいDVDを選んで“DVDを焼く”ボタンを押す書き込むドライブを選択するDVDメディアをセットする
書き込みが開始される書き込みのあとはファイナライズ処理が行なわれるファイナライズが終わると書き込み完了

なお、通信が途中で切断されるなど、DVDの作成完了ができなかった場合(サイト側で作成完了のログが残らなかった場合)は、ユーザーの“マイページ”から再度書き込みを行なうことができる。ただし、一度書き込んだメディアが読めなくなった場合はサポート外となる。

対応メディアはDVD-R/RWのみで、DVD+Rや2層メディアなどには対応していない。ちなみに片面2層のタイトルに関しては、2枚に切り分けるか、120分未満であれば1層に収めてしまう、という対応になる予定という。

9月に500タイトル、12月までに5000タイトルを用意する予定。当初は、グラビアアイドル作品が中心だが、今後テレビドラマなども配信予定。また、9月19日にポニーキャニオンから発売予定の大型DVDタイトル(タイトル名称は非公開)も、発売と同時に配信を行なう。価格設定は、新作の場合で2900円/1800円/1000円の3段階、旧作は1500円/1000円/700円/500円の4段階となっている。

DVDのコピーガード技術としては、一般的な“CSSキー”方式ではなく、米Macrovision社の“RipGuard-ER”“AGP”といった技術を採用。なお、プレーヤーでの再生互換性は“問題ない”という。

イーエントリーの代表取締役社長の岡部正寛氏

同社は本サービスについて、日本だけではなく海外へのコンテンツ配信も強く意識している。イーエントリーの代表取締役社長の岡部氏は「日本の優秀なコンテンツを海外に展開していきたい」と意気込みを述べた。

ウェブストリームも、すでに多くのコンテンツフォルダーと技術供与の話を進めており、今回iDVDt.comのサービス展開は“その先駆け”となる。同技術が新しいオンラインDVD通販のスタンダードになるか、注目したいサービスだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン