このページの本文へ

マイクロソフト、検索機能“コンテクスチュアル サーチ(仮称)”の正式名称が決定

2007年08月24日 18時42分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は24日、オンラインサービス“Windows Live”の検索機能“Live Search”の新機能である、検索機能“コンテクスチュアル サーチ(仮称)”の正式名称が“Live Search サイドビュー”に決定したと発表した。

Live Search サイドビューの利用例 Live Search サイドビューの利用例

Live Search サイドビューは、同社のポータルサイト“MSN”で6月からコンテクスチュアル サーチ(仮称)という名称で正式導入されていた検索機能。ウェブページ上に表示されたキーワードにマウスカーソルを重ねるだけで、そのキーワードで検索を行なった場合の結果が吹き出し状のポップアップの中に一覧表示されるサービス。詳細な機能については(関連記事)を参照されたい。

現在Live Search サイドビューは、MSN内サイト“MSNチャネル”のMSNムービー特集「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」やMSNビューティスタイル「美の達人名鑑」などで導入されている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン