このページの本文へ

2006年10月20日更新

システムの稼動状況に対する評価は 定性的・定量的に判断される

 IT英語には、システムの稼動状況を表す言葉がいくつもある。日々コンピュータと向き合っているエンジニアにとって、常に気にしなくてはならない存在であり、正確な意味と状況を把握することが求められる。たとえば、次の英文を読んで、あなたはどう判断するだろう。

It is concluded that the continuous system is unstable.(連続稼動しているシステムは不安定だと結論づけられます)

「unstable(不安定な)」は、システムの稼働状況が「安定していないとき」に使われる使用される言葉だ。ここで注意したいのは、unstablはstable(安定した)を前提として成立する状態であるということ。通常システムの稼働状況はstableであって、そこに何らかの過不足があるからunstableになっているのだ。つまり、エンジニアはstableな状態を満たすための条件を把握しておかないと、unstableの因子(何らかの過不足)を特定することができない。

 日本語で「安定した状態」もしくは「不安定な状態」と書くと、とても曖昧な表現に受け取れる。しかし、ITの世界はデジタルなので、stableな状態を満たす条件が1から10まで定まっており、それをunstableな状態にしてしまう因子も、何がどのくらい過不足なのかを1から10まで特定できるのだ。つまりITの世界では、あらゆるものに「評価(valuation)」の基準があり、その評価は定性的・定量的に判断される。そしてエンジニアには、物事を定性的・定量的に評価する思考が求められる。

 次に紹介するIT英文も、定性的・定量的な評価を前提としていることを意識しよう。

PEAR::Cache_Lite is a little cache system. It's optimized for high traffic websites so it is really fast and safe.(PEAR::Cache_Lite[PHPのCLASSライブラリの1つ]は、小さなキャッシュシステムです。そして、アクセス数の多いウェブサイトのために最適化されているので、本当に早くて安全です)

 optimize(最適化する)とは、目標やある任意の基準に向けてシステムの効率を最大化することだ。したがって、この英文の場合はシステムの目的や目標という基準が明らかでないと、どの方向にどれだけ最適化されているのか判断(評価)できず、正確な文脈を理解することもかなわない。

 定性的・定量的な評価を前提とするIT英単語には、stable(安定した)とunstable(不安定な)、optimize(最適化)とfragmentation(断片化)のほか、flexible(融通のきく)、redundant(冗長な)などがある。これらを目にしたときは、その言葉が指し示す具体的な要素が何なのかを常に意識しよう。そして、定性的・定量的な評価を常とするエンジニアと、そうした思考に不慣れな非エンジニアとでは、物事の理解に食い違いが生じることも把握しておくことをお忘れなく。

システムの稼動状況に対する評価は定性的・定量的に判断される

Illustration:Aiko Yamamoto

キャリア連載バックナンバー
今さら聞けないIT英語

記事一覧へ >>

採用を勝ち取る転職必勝マニュアルバナー

おすすめ連載

組み込み系エンジニア特集

今さら聞けないIT英語

エンジニアライフ

資格試験対策

プロマネ・スキル

ビジネススキル

独立起業事例集

キャリア・コーナー紹介