このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

台湾発の癒しカフェ、アニマルカフェが台湾に急増中!

2007年08月19日 21時20分更新

文● あおきゆか

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

犬猫は当たり前?なんと鳥カフェを発見!

 アニマルカフェで圧倒的に多い猫カフェに対し、なんと鳥カフェを発見。「オープン当初は12羽だったけど、ここでどんどん孵化して、今は何羽かもう数えてないわ」とかなり大雑把な 「築樔」の女店主、林さん。鳥は10種類以上で50羽以上いると言う。
 店では鶏肉料理も多く「食べる鳥とペットは違う」と、全く気にしていない様子。近所のサラリーマンがよくランチに利用する場となっている。鳥は、客席から鑑賞できるような鳥部屋で飼われ、店内は鳥グッズや写真でいっぱいだ。鳥が店内を飛び回る図を想像していたが、それはさすがなかった。よく知った鳥好きの客ばかりの時のみ、数羽店内に放すこともあるそうだ。

「築樔」外観

店の外観。鳥の部屋は灰色の網で被われている。住所を辿って行くとかなかわかりヅラいので、事前に同店のウェブページの地図で確認した方がいいだろう

「築樔」店内

店内の様子。鳥の部屋は結構広く、店の3分の1ぐらいを占めていそう

鳥部屋

これが鳥の部屋。店主の林さんが餌をあげ、水浴びの水を用意している

鳥部屋の鳥たち

ショーウィンドウを改造したような鳥部屋でのびのび暮らす鳥たち。天井附近に木の枝が渡してあり、狭苦しい鳥かごとは大違いの環境。冬は暖房。夏は扇風機が回っている

ランチのピーク前に客席側に2羽出してくれた。外に出すのに適した種と、そうでないのがいるとの事。鳥の一部は、店主の林さんが毎日家に連れて帰るらしい

店長手作りの鳥の説明が書いてあるノート。同店のウェブページにも細かく鳥の事を書いている。成長過程で全く違う容貌になるので、名前がある鳥とない鳥があるという

鳥の小物や、写真で埋め尽くされた店内。さぞかし鳥が好きなのかと思いきや……

店主は鳥が好きな訳じゃないそうだ。小動物は、逆らわないから全部大好きだと言っていた

他にも、犬、カメ、熱帯稚魚と色々飼っている。世話をするのはもちろん大変だけど、それに変わる喜びがあるから楽しいそうだ

鳥カフェ 築樔 Nest Cafe
住所:台北市通化街39巷50弄90號
電話:02-8732-8759
営業時間:平日11時30分~14時30分、17時30分~22時、土曜日11時30分~22時
定休日:毎月最終土曜日
URL:http://nestcafe.myweb.hinet.net/

 取材のためにアニマルカフェを当たっていると、カフェに動物が居着いただけの犬猫が2、3匹で、店に特に特徴がある訳でもない「アニマル、いるだけカフェ」が多かった。今回紹介したこの2店は、他と意気込みの違うアニマルカフェだ。台湾旅行の際に立ち寄ってみるのもいいかもしれない。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ