このページの本文へ

“Ultimate α+マニアの祭典2”を秋葉原で開催!

2007年08月18日 22時00分更新

文● 尾鍋 真一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトは18日、秋葉原の“CAFFE SOLARE(カフェソラーレ)”にて“Ultimate α+マニアの祭典2”を開催した。同イベントはUltimate α+購入者限定の第1部と、入場フリーの2部制で行なわれた。日本初公開となる「Windows Home Server RTM版」が用意されるなど、第1部はクローズドイベントであるにも関わらず大勢の参加者が集まった。

マニアの祭典2

18日に秋葉原のCAFFE SOLAREにて開催された“Ultimate α+マニアの祭典2”には早くから大勢の参加者が集まっていた。

Microsoft Silverlightって何?

マイクロソフト春日井氏

マイクロソフト春日井氏によるMicrosoft Silverlightに関するプレゼンテーション

Microsoft Silverlight

Microsoft Silverlightは音楽や動画など様々なメディア配信が可能としている

Microsoft Expression studio

Microsoft Silverlightのコンテンツを制作するためのMicrosoft Expression studioの説明

 第1部のトップバッターとして登場したマイクロソフトの春日井氏は、今夏に正式版がリリース予定の“Microsoft Silverlight”に関するプレゼンテーションを行なった。Microsoft SilverlightはInternet ExplorerやFirefoxに代表されるウェブブラウザー用のプラグインで、1つのインターフェースで動画や音楽などのコンテンツをを楽しむことができる次世代プラットフォームだ。また今回はMicrosoft Silverlight向けのコンテンツ開発に適した「Microsoft Expression Studio」も併せて紹介された。これは動画や画像の作成を行なう「Expression Blend」、ウェブサイトの開発を行なう「Expression Web」、メディア管理を行なう「Expression Media」、グラフィックデザインを行なう「Expression Design」の4製品が含まれたパッケージソフトウェアとなる。

DirectX 10でロストプラネット!

DirectX 10

Windows Vistaに対応しているDirectX 10の特徴を紹介

ロストプラネット

実際のロストプラネットの画面を使ってのDirectX 9とDirectX 10の映像の違いをデモンストレーション

推奨マシン

会場内にはショップ製のロストプラネット推奨マシンが展示されていた

 続いてはカプコンとNVIDIAの共同による「DirectX 10」ならびにカプコンが発売しているゲームソフト「ロストプラネット」に関するプレゼンテーションが行われた。現在、Windows Vistaにのみに対応しているDirectX 10の優れた表現能力や描写能力を、実際のロストプラネットの映像を使ってDirectX 9と比較するという方法でその実力をアピールした。実際のデモでは、DirectX 10のほうがDirectX 9よりも髪の毛の描写が1本1本細かく表現されており、その違いははっきりとわかった。

Windows Home Server RTM版、日本初公開!

Windows Home Server RTM版

日本初公開となったWindows Home Server RTM版を使ってのデモンストレーション

IT系ライター笠原氏

IT系ライター笠原氏によるWindows Home Serverの紹介。熱気がこちらまで伝わってきた

リリース予定商品

会場内には各社のWindows Home Serverのリリース予定商品が参考として出展されていた

 今回、日本初公開となった「Windows Home Server RTM版」は、既存のWindows Serverをベースに家庭用のOSとして改良されたもので、家庭内の複数のパソコンとのファイル共有を可能にし、また「Xbox360」をはじめとするあらゆる機器と接続することもできるとするもの。さらに外出先からでもWindows Home Server上の共有フォルダにアクセスができるリモートアクセス機能に対応しており、Windows Home Server Connector softwareをインストールすることによってバックアップも自動で簡単に行なうことができるという。

64bitの時代は来るのか!?

Vertual PC 2007

マイクロソフト森氏によるVertual PC 2007のデモンストレーション。複数のOSを同時にエミュレーターで立ち上げることができる

ゲームへの対応状況

Windows Vistaのゲームへの対応状況をアピール

セカンドライフへの進出

森氏の話の最後にはセカンドライフへの進出が発表された

 入場フリーの第2部では、マイクロソフト森氏による“ハイパフォーマン時代のコンピューティング”と題されたプレゼンテーションが行なわれた。この中で同氏は、近年ハイスペックのマシンが増えており、64bit OSを取り巻く環境が変化してきていると語り、64bitのメリットとして4GBを超える大容量のメモリを使用することが可能な点などを挙げ、64bitの魅力を存分にアピールした。またVertual PC 2007によるエミュレーターのデモンストレーションも実施された。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中