このページの本文へ

プレクスター、IEEE 1394、シリアルATAに対応したDVDドライブ2製品を発表

2007年08月10日 19時00分更新

文● 編集部 尾鍋真一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プレクスター(株)は10日、USB 2.0およびIEEE 1394インターフェースに対応したDVDスーパーマルチドライブ『PX-810UF』と、シリアルATAインタフェースに対応したDVDスーパーマルチドライブ『PX-810SA』の2製品を発表した。価格は両製品ともオープン価格。予想実売価格はPX-810UFが1万5000円前後。PX-810SAが9000円前後を予定している。発売時期は両製品とも今月下旬となっている。

PX-810UF/JP

PX-810UF/JP

PX-810SA/JP

PX-810SA/JP

両製品の大きな違いは対応インターフェースとボディーにある。PX-810UFはUSB 2.0及びIEEE 1394に対応で、一方PX-810SAはシリアルATAに対応した外付けタイプの製品となる。そのほかのスペックは両製品に差はなく、DVD±R最大18倍速,DVD+R DL(2層)最大8倍速書込みに対応するほか、DVD-RAM12倍速への書込みが可能となっている。

付属ソフトは、データの書き込みやバックアップ、音楽CDやDVDの作成、ビデオ編集などの作業をするために必要な様々なアプリケーションが1本にまとめられた『Roxio Easy Media Creator 9』が付属する。付属ソフトはWindows Vistaに対応する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン