このページの本文へ

懐かしい~!Diamond製ビデオカードが“Radeon X1550”搭載で日本復活!

2007年08月04日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 古参の自作ユーザーにはなんとも懐かしい響きであろうビデオカードメーカー、Diamond Multimedia製(以下:Diamond)の“Radeon X1550”搭載カードがパソコンハウス東映に入荷した。

Diamond箱 古参の自作ユーザーにはなんとも懐かしいビデオカードメーカー、Diamond Multimedia製(以下:Diamond)の“Radeon X1550”搭載カードが入荷。白箱なのが残念

 Diamondといえば、かつては“Viper”や“Stealth”といったネーミングでパーツショップのビデオカード売り場を賑わせていたビデオカードメーカーである。日本市場からは撤退したものの、海外では今も健在。当時は“GeForce”シリーズ登場前のNVIDIA製GPU(RIVA TNTなど)を主に採用するビデオカードメーカーという記憶だったが、現在はAMD“Radeon”シリーズを中心に扱っているようだ。

「Diamond Stealth X1550 PCI 256MB GDDR2」基板 「Diamond Stealth X1550 PCI 256MB GDDR2」I/O部
久々の日本復活となった「Diamond Stealth X1550 PCI 256MB GDDR2」(型番:X1550PRO256PSB)は、GPUに“Radeon X1550”を搭載し、PCIに対応する

 そんな久々の日本復活となった製品は、GPUに“Radeon X1550”を搭載する「Diamond Stealth X1550 PCI 256MB GDDR2」(型番:X1550PRO256PSB)。PCIに対応した製品で、今回入荷したパソコンハウス東映によると「受注扱いで入荷した」とのこと。主なスペックは、コア/メモリクロックが450MHz/520MHzで、搭載メモリがDDR2 256MB。インターフェイスはVGA/DVI/TV-OUTという構成でVGA-DVI変換アダプタとS-Videoが付属。価格は1万5800円(完売)となっている。

基板裏 付属品
今回入荷したパソコンハウス東映によると「受注扱いで入荷した」とのこと。主なスペックは、コア/メモリクロックが450MHz/520MHzで、搭載メモリがDDR2 256MB。インターフェイスはVGA/DVI/TV-OUTという構成だ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中