このページの本文へ

“Vista Ready”のC7オンボードmicroATXマザー「MM3500」がVIAから登場!

2007年08月04日 22時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「C7-D 1.5GHz」をオンボードするVIA製のmicroATX対応マザーボード「MM3500」が発売された。同社製のCPUオンボードマザーでは珍しいPCI-Express x16スロットを搭載する。

「MM3500」パッケージ 「MM3500」基板
「C7-D 1.5GHz」をオンボードで搭載するVIA製のmicroATX対応マザーボード「MM3500」が発売。“CN896”チップセットはDirectX 9.0に対応した“Chrome9 HC”によるVGA機能を統合しており、パッケージでも“Vista Ready”をうたっている

 この製品はチップセットに今回が初登場となる“CN896”を採用。同チップセットはDirectX 9.0に対応した“Chrome9 HC”によるVGA機能を統合しており、Windows Vistaのロゴも取得。パッケージでも“Vista Ready”をうたっている。
 その他、主なスペックはSouth bridgeが“VT8237A”。拡張スロットがPCI Express x16×1、PCI×1で、メモリはDDR2 DIMM×2(DDR2-667/533、4GBまで)。VGAや8chサウンド、100/10Base-TXイーサネット(VIA/VT6107)、Serial ATA×2、ATA133×2などを搭載する。価格は、BLESS秋葉原本店で1万3500円、ツクモパソコン本店IIで1万3980円、フェイス秋葉原本店とフェイスアキバ店で1万5470円、TWOTOP秋葉原本店で1万5480円。そのほかアークや高速電脳でも近日入荷予定だ。

「MM3500」I/O部 Gigabyte製マザーの型番らしきもの
South bridgeが“VT8237A”。「MM3500」の型番のすぐ上にはGigabyte製マザーの型番らしきものも記載されている

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中